【スポンサーリンク】

なぜ?堀ちえみが食道がんをブログで公表も賛否両論の声

 ステージ4の口腔がん(左舌扁平上皮がん)の手術をし、現在リハビリ中のタレントの堀ちえみ(52)が15日に自身のブログを更新し、食道がんであることを公表した。今月4日に精密検査を受けた際に判明。診断結果はステージ1であす16日に内視鏡で主要を取り除く手術を行う。舌がんの転移・再発ではないという。

 

 堀は自身のブログで「本日また入院しました。今度は食道癌です」と明かした上で、「落ち込む私に主人が、『今このタイミングで検査を受けてラッキーだったんだ』、『少しでもタイミングがずれていたら見つかっていなかった』、『運が良かったと思って』と言ってくれました。この言葉にとても救われました。子供たちにも、又ショックを与えてしまう事になるので、とても心配でしたが、『早く見つかって良かったね!』と言ってくれたので、ホッとしました。」と家族から激励を受けたことを明かした。

 また、ブログでは食道がんを公表することについて悩んだことに言及。「公表するべきか否か…大変悩みましたが、間違った情報が一人歩きして、いろいろな方々に、ご迷惑をお掛けする事になりかねないと思い、公表しました。」と綴った。


 堀が今回ブログで食道がんを公表したことに、「色々苦労が絶えませんけどとにかく成功して体が元気になってくれる事を祈ります。」、「本人は非常に辛いと思うけど、一生懸命病気と闘ってる強い人だと思う。がんばれという言葉より、焦らずにゆっくりという言葉の方がいいかもしれん。絶対に治ると信じている」とSNS上では激励のコメントが多い。だが、「芸能人のがん告白が、やめてほしいです。ステージ1で、がんです、がんですって…。誰にも言えず苦しんでる人も多い」、「気の毒だとは思いますが、公表ももういいのではないでしょうか。」と疑問視する意見も。

 

 堀も思い悩んだ末の公表は批判的な意見がくることを覚悟していたのかもしれない。思い悩むことを世間に公表することで精神的に楽になるかもしれない。最も辛いのは病魔と闘う本人だけに、1日も早く完治することを願うばかりだ。 

f:id:imp0201:20190415191344j:plain

写真は記事と無関係です