【スポンサーリンク】

パチンコ店よりコロナ感染のリスクが高い?GWで大盛況の「ある店舗」とは

 新型コロナウイルスの感染収束に伴う緊急事態宣言で、各自治体が休業要請を出しているにもかかわらず、営業を続けるパチンコ店が問題になっているが、ゴールデンウィークの大型連休中に、多くの来店客が押し寄せているホームセンターにも危惧の声が高まっている。

 

 メディア報道によると、自宅で作業できるDIY用品や庭などでできるバーベキュー関連の商品は昨年以上の売れ行きの店舗が多く、店内は家族連れを中心にごった返してまさに「3密」状態だという。ネット上では、「ホームセンターの方がよっぽど三密状態!周りの住民も迷惑。ホームセンターのテーマパーク化はよくて基本黙って楽しむパチンコがここまで叩かれるのもどうかと思う。勿論いいというわけではないが因みに私はパチンコしませんが」、「ホームセンターがやばい。人だかりですごい事になっている。パチ屋だけ責められない」などの指摘が。

f:id:imp0201:20200505105540j:plain

 また、「ホームセンター社員ですが、パチンコの方がマシですね。パチンコは客の向きは同じ、会話無し、触れる部分は限られ、喫煙対策で換気設備有り。ホームセンターは、人が入り乱れ、客は会話しながら、数万点の商品にベタベタ触って戻し、換気設備はショボい換気扇。これでも社員は感染無し。補償が無いなら、即営業開始」と嘆く意見も見られた。