【スポンサーリンク】

ゴールデンウイーク最終日 大混雑が報じられない「ある場所」とは

 ゴールデンウイークは最終日の6日は、例年ならUターンラッシュで混雑する空港や駅のホームが閑散としている。メディア報道によると、6日の国内便は7割減便して運航しているにもかかわらず、予約率がおよそ30%にとどまっている。また、新幹線も上り線の自由席の乗車率は軒並み10%を切り、中には乗車率が1%の列車もあるという。高速道路も目立った渋滞は見られない。

f:id:imp0201:20200418102721j:plain

 一方で、メディアでは報じられていない「ある場所」が大混雑しているという指摘が多い。ネット上では、「都心部、市街地、空港には人が居ないかもしれないが、ホームセンターは大混雑だよ。駐車場もぎっしりで店内は3密状態。生活必需品を購入しているとは思えないのに。メディアはなぜ報道しないの?」、「都市部の大きな目たった所は閑散。自粛モード。とてもうまくいっているように見えますが、一歩入った町中のスーパーやホームセンター、開いているカフェは人がいっぱいです。家族連れで怖いくらいの人数の人。これ…自粛じゃないです。とても密。都心部だけをみて判断しないで欲しいです」と指摘する意見が少なくなかった。