【スポンサーリンク】

名俳優が衝撃の逮捕も、「彼の行動に好感」と称賛の声が 

 米国のメディア現地時間10日、大ヒット映画「ジョーカー」のホアキン・フェニックスが気候変動に関するデモ活動中に逮捕されたことを報じた。第77回ゴールデン・グローブ賞での男優賞受賞から1週間も経たずに舞い込んできた衝撃のニュースに反響は大きい。

 

 メディア報道によると、ホアキンは女優のジェーン・フォンダが毎週金曜日にワシントンで開催してきた抗議活動「Fire Drill Fridays(金曜日の火災訓練)」に参加。アメリカ合衆国議会議事堂前の階段を占拠し、妨害や迷惑行為を行ったとして逮捕された。

 

 アメリカ合衆国議会議事堂警察は今回のデモで147名を逮捕したと発表し、ホアキンと俳優のマーティン・シーンも含まれていたという。二人はすでに釈放されている。ホアキンはヴィーガン(完全菜食主義)で知られており、デモ活動では肉食および酪農産業を批判していたという。ゴールデン・グローブ賞授賞式の受賞スピーチでも気候変動について訴えていた。

 

 今回の逮捕劇にネット上では、「逮捕されるかもしれないのも見込んで、深刻な環境問題に注目させたのかも。ハイブランド纏ってパーティー三昧よりは、好感度」、「彼の環境問題行動への活動に同感、そして好感。このニュースがなかったらジェーン・フォンダ発動のデモ活動が行われていたことは知らなかった。アメリカはトランプ政権に象徴される金至上主義ばかりが目につくが、有識人でモラルを盛った人々が活動しているのだと知らしめただけでもフェニックスの逮捕の意義は有る。ジョーカーは見ていなかったが見たくなった」と称賛の書き込みが。

f:id:imp0201:20191231105340j:plain

 また、「ハリウッドの俳優は政治・社会問題・人権問題にはっきり批判の意思表示をする。勇気がいることだが大事なことだと思う。日本のタレントは干されるのを恐れて少し臆病のような気がする。もっと発信していい」、「日本では、タレントが反政府的な言動をすると批判されたり干されたりするけど、流石アメリカではそういうことはないみたい。こういう点こそ見習うべきだよね」という意見も見られた。