【スポンサーリンク】

人気YouTuberが告白した収益額に、「トップアスリートより稼いでる」の声が

 人気YouTuber・ヒカルがツイキャスを元旦に行い、昨年のYouTube収益額を明かしたことが大きな反響を呼んでいる。

 

 ヒカルは「YouTubeの収入は昨年よりも上がりましたか?」という視聴者の質問に対し、「ぶっちゃけでもまあ年間で行ったら、10億前後かな、だいたい。YouTubeは」と答えた。収益は、17年頃からあまり変わっていないという。また、企業案件の数を増やすなど、収益だけを求めて本気になれば「20億ぐらいいける」と語った。

 

 また、「オレのことをわかっている人はわかると思うけど、本来の俺って周りを蹴落としてでも自分が一番に行きたいタイプ」と自己分析する。しかし、17年の「VALU騒動」で炎上するなど自身の発言が批判の的になることがあったため、発言に神経を使っていたという。「敵を作らないようなしゃべり方ができるようになった。周りからもトゲがなくなったと言われる。どういう発言が反感を買って、マイナスイメージになるか徹底的に動画編集して考えて。撮影中も気をつけて。できるだけ周りを傷つけずに、ブラックジョークを言うか」などと語った。 

f:id:imp0201:20200110110820j:plain

 ヒカルのこのツイキャスを見た視聴者からは、「収益額が衝撃。トップアスリートより稼いでる。だけど、凄い努力家。頭もいいし、常に冷静に自分を見ているから成長しているのだと思う」、「ヒカルは良い意味で変わった。もちろん根本は変わってないけど、優しさを凄く感じる。企画も面白いし常にオリジナリティーがある。動画内では自分を優しくないって言っていたけど優しいよ」など称賛の声が多かった。