【スポンサーリンク】

高速であおり運転して殴った男に批判殺到も…被害者に「ある違和感」の声が

 テレビ朝日系のANNニュースで放送された高速道路上のトラブルが大きな反響を呼んでいる。茨城県常磐自動車道で10日に起きたトラブルで、勤務先に車で向かう被害者が撮影した動画だった。前方の車にあおり運転され、運転していた男に殴られるというショッキングな内容だ。

 

 動画を見ると、ドイツ製の白いSUV車 が被害者の車を追い抜き、衝突寸前のタイミングで再び割り込もうとしたり、蛇行するなどあおり運転を続けた。最終的に真ん中の車線で被害者の車が停車させられると、SUV車の助手席に乗っていた女性が先に降りて被害者を携帯電話で撮影。運転手の男も降りてきて近づくと、窓越しから被害者を計5発殴打した。「降りてこい」、「殺すぞ」など叫んでいたという。顔面を流血するケガを負った被害者は「怖かったですね。いきなり全く顔も知らない人だったので。いまだに歯とかあごは痛いですね」と恐怖を振り返った。

 

 ネット上ではこの動画を見た視聴者から、殴打した男と助手席に乗っていた女性に厳罰を求める声が殺到した。「危険運転、脅迫、傷害等で即刻捕まえていただきたい。しかも非常に危険な高速道路上です。大問題になったあおり運転。尊い命も失われています。あのニュースで何を学んだのでしょうか」、「殺すぞと言って高速道路上で停車させ、暴力まで行なっている。これは殺人未遂。いや、殺意を持って行動に及んでいて被害者の方がたまたま死ななかっただけのことなので、殺人容疑で問題ないです。極刑をお願いします」、「暴力をふるった男は極刑、助手席のカメラ撮っている女性も同罪で厳しく対処してほしい」と厳罰を求める書き込みが相次いだ。

 

 一方で、被害者に対する違和感を指摘する意見も。「確かに殴りかかってきたこの男はとんでもないが、この以前の映像が無いので、細かい事情はちょっとわからないが停められた時点で運転席のガラスを開けているのも気になる。タクシーじゃないのに自分側に綺麗にカメラが向いているのも不思議だ。まるでこの映像を撮ってアップするためにやった感じもする。この時勢に高速で止めてこんなことをするのは危険きわまりなく、逮捕されるべきだと思うが、双方の映像等をみて判断したほうがいいと思う」、「ここまで怒らせる原因はなんだったのかが記されていないのは何故でしょうか?何もないのにいきなりこの様な事に発展したとは考えにくいのですが。物事には必ず原因があると思うので、最近のこの様な映像に対する世間の方の意見に偏りが生じている気がします。暴力を振るってしまったのは非常に良くない事ですが、そこまでさせる様な行為はなかったのでしょうか?」という見方もあった。

f:id:imp0201:20190813105439j:plain

 いかなる理由であれ、高速道路の路上で停車させて暴力をふるった男は許されない。ただなぜこのようなトラブルが起きたのか、この動画だけでは判断できない部分もある。再発防止のためにも、トラブルに至った経緯を知りたいところだ。