【スポンサーリンク】

83歳女性に500万円詐欺未遂 逮捕された女子高生の「顔写真」に大きな反響が

 83歳の女性から500万円をだまし取ろうとしたとして、横浜市の女子高生(18)を詐欺未遂で現行犯逮捕した。兵庫県警の依頼で女性がだまされたふりを続け、逮捕につなげた。

 

 メディア報道によると、女子生徒は同日午後4時頃、高砂市内の無職女性(83)宅を訪ね、500万円をだまし取ろうとした疑い。女子生徒は容疑を認め、「新幹線で来た」と供述しているという。女性の自宅に23日夜から24日午後にかけて、息子をかたる男が「株で失敗して金が必要」「弁護士事務所の女性従業員が取りにいくので渡して」などと電話があった。女性が金融機関で多額の現金を下ろそうとしたのを不審に思った職員が署に通報。警察が女性に協力を求め、タクシーで女性宅を訪ねてきたスーツ姿の女子生徒を警察官が取り押さえた。

 

 ネット上では「83歳のおばあちゃんを騙して胸が痛まないのか。そんなことをして手に入れたお金で何をしたかったのか。高校を休んで犯罪を犯していることを、親は気づいていないのだろうか。18歳、更生できればよいが、簡単ではなさそう」、「女子高生がオレオレ詐欺の受け子とか世も末だね。未成年だから大した罪にはならないのかもしれないが、罪が軽いと感じると同じ事を繰り返しそうなので厳しく罰してほしいものです」など厳罰を求める声が。

f:id:imp0201:20200811075147j:plain

 また、「お年寄りから大金を騙しとって何とも思わないのか?外国みたいに未成年でも実名、顔写真を報道して注意を促すべきだと思う」、「日本の法律は少年法で犯人を守ることより、被害者を減らすことを考えた方がいい。女子高生の実名、顔写真をつけて報じないと事の重大性がわからないからこういう犯罪がなくならないよ」という指摘も見られた。