【スポンサーリンク】

同級生殴り続ける動画拡散に、「動画が切り取られて真実と違う」の指摘が

 熊本県内の私立高校で、男子生徒が同級生を殴り続ける動画がSNS上で広まっている。動画を見ると教室の中で、男子生徒が一方的に同級生の生徒の体を殴り続けている。殴られている生徒は、反撃する様子はなく、次第に教室の隅の方に追いやられ、倒れ込んだようにも見える。周囲で見ているほかの生徒は、暴力を止めるようなそぶりはない。

 

 メディア報道によると、この動画は8月31日、ホームルーム中に担任の教師が不在の間に撮られたものだという。学校側は9月24日、SNSに動画が上がっているとの外部からの連絡を受け、生徒たちへの聞き取り調査の結果、暴力行為を確認した。熊本県の私学振興課もこの動画を確認していて、学校側に事実関係を報告するよう求めているという。

 

 ネット上では「被害者のお子さんの心が心配です。周囲で静観している生徒も同罪。これが罪だと認識させる事、被害者の心のケアに皆で全力で取組む事が大切です」、「いじめかどうかなんてかったるい事言ってる学校は放っておいて暴行で被害届出しましょう。学校が間に入る必要など無い。暴行した本人と管理し切れていない学校双方から賠償請求して良いと思う。とりあえず暴行者と撮影者は退学必須で」など批判的なコメントが殺到。

f:id:imp0201:20200911165019j:plain

 一方で、「無修正の動画みたけど、これ殴られた方がなんか別の事をしていて、殴ったヤツにベルトを振って当たったからそのまま殴りに行った流れで殴られてるヤツがその前にやってた事の方が気になる」、「これ、メディアが動画を切り取っているよ。全部見るけど被害者がベルトを違う生徒に振っていて、加害者に当たったから激昂してボコボコにしている。加害者はいかなる理由であれ一方に殴りつけることは良くない。でもこの被害者は何でベルトを振り回していたの?その前段でいじめをしていたなら同情はできない。学校は忖度せずに生徒たちからきちんと事情を聴いて説明するべき」という指摘も見られた。