【スポンサーリンク】

男子高校生買春で小学校長逮捕 被害者の行動に疑問の声が

 県警少年捜査課と幸署は18日までに、新潟県長岡市立小学校校長 の男(58)、会社員の男(37)の両容疑者児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで逮捕した。同課によると、両容疑者とも容疑を認めている。


 メディア報道によると。両容疑者は3月23日、大阪市のホテルで大阪府に住む高校2年の男子生徒(17)に金銭を渡す約束をしてわいせつな行為をしたという。両容疑者は男子生徒が配信サイトに公開した動画をきっかけに知り合い、昨秋ごろから3人で連絡を取り合うようになった。当日は3人で大阪市内のテーマパークで過ごした後、ホテルに入ったという。校長の男がホテル代を支払い、会社員の男は5万円分の電子マネーを男子生徒に渡していた。

f:id:imp0201:20190908111240j:plain

 ネット上では、「今年一、気持ち悪すぎる。しかも一番あってはならない職業。
小学校の校長って」など容疑者に批判の声が殺到しているが、被害に遭った男子生徒の行動にも疑問の声が。「そもそも動画サイトに投稿したのかきっかけでしょ?未成年ってだけでそんなに守らなきゃダメ?高校生ならいい加減判別つくでしょ。しかも全部奢ってもらってお金と同等のものをもらっているなら、どっちもどっちなのでは?」、「高校生でしょ?売春行為であること(法に触れること)は認識できる年齢だよね。大人二人が、男子生徒の弱みを握り、脅す等の手段をもって”無理やり”性的行為に及んだのであれば言語道断だが、リターンも得ているし同意の下であればほぼ同罪なのでは。身バレ等のSNS的制裁ではなく、学校側で適切な処罰を望みます」などの指摘が。男子生徒も自身の行動を振り返った時に反省するべき点は多いだろう。