【スポンサーリンク】

林昌範 令和の怪物・佐々木朗希がロッテ投手陣を「変革」する

 キャンプも中盤に入りました。疲れがたまってくる時期で、ニュースを見るとケガ人が増えてきているチームも出てきています。選手の皆さんにはこの時期をなんとか乗り越えて、これから本格的に始まる実戦でアピールしてほしいですね。

 

 新聞、テレビなどメディア報道ではロッテのドラフト1位右腕・佐々木朗希投手が話題を独占しています。13日には初めてブルペンで投球練習を行いました。映像を見ましたが、あれだけ左足を高く上げて投球しても、上半身がほとんどぶれずに投げられるのは凄いと思いました。また、上背が190センチと高く本格派右腕のイメージでしたが、上半身を柔らかく使う印象を持ちました。これからクイックや変化球の精度を上げるなど色々な動きが入ってきます。すぐに実戦デビューというわけではなく、首脳陣も球界を代表するエースとしてじっくり育てると思います。体作りを含めてレベルアップした時に、どのような球を投げるのか想像ができないスケールの投手で本当に楽しみです。

 

 個人的には、吉井理人投手コーチの存在も佐々木投手にとって頼もしいと思います。僕は日本ハムで現役時代に吉井コーチに指導して頂きましたが、投手一人一人の長所を伸ばす能力が非常に高かったです。シンプルな言葉でわかりやすく伝えて頂いたので心にスッと入ってきました。投手を気持ちよくマウンドに送り出してくれたコーチだったので、今も感謝の思いが強いです。吉井コーチは筑波大学大学院の人間総合科学研究科修士課程・スポーツ健康システムマネジメント専攻に入学して修士号を取得しています。僕も大学院に通っていましたが、生体力学、動作解析の最新理論を学んだ時は「野球のすべての動作はこんなに奥深いのか」と衝撃を受けました。現役時代の経験論だけでなく、豊富な知識で理論的に説明してくれる吉井コーチの指導は非常に奥行きが深いと思います。佐々木朗希投手も参考になる部分が多いのではないでしょうか。

f:id:imp0201:20200525100858j:plain

 ロッテは種市篤暉投手、二木康太投手、岩下大輝投手、佐々木千隼投手ら力のある若手投手が多いです。メディアに取り上げられている佐々木朗希投手の存在は刺激になると思いますし、選手間の競争も激しくなりチーム力の底上げにつながると思います。ケガだけには気をつけて、充実したキャンプを送ってほしいですね。

林 昌範(はやし・まさのり) 1983年9月19日、千葉県船橋市生まれの36歳。市立船橋高から01年ドラフト7巡目で巨人入団。06年には自身最多の62試合に登板するなど主に救援で活躍。08年オフにトレードで日本ハムへ移籍した。11年に退団し、12年からDeNAに加入。昨オフに戦力外通告を受けて現役引退した。通算成績は421試合で22勝26敗22セーブ99ホールド、防御率3・49。186センチ、80キロ。左投左打。家族はフリーアナウンサーの京子夫人と1男1女。