【スポンサーリンク】

林昌範 秋季キャンプは飛躍の大きなヒントをつかむ貴重な機会

 林昌範です。各球団の若手たちが秋季キャンプで鍛錬の日々を過ごしています。この時期は個々の技術のレベルアップに時間を割ける時期です。巨人では新たにコーチに就任した石井琢朗野手総合コーチのユニークな練習方法が取り上げられていました。打者ともう一人のサポート役の腰回りにベルトを巻き付け、1本のゴム製のチューブでつなげて、打者がスイングしてミートする際に本塁後方にいるサポート役がチューブを自らの方向に引っ張っていました。ティー打撃やロングティーで不安定な体勢の中、体幹を使う打撃練習で、こんな練習方法があるのだなと驚かされました。

 

 プロの世界で結果を出すために、創意工夫は選手にとって必要な要素です。私は高卒で巨人に入団しましたが、プロ1年目はファームで12試合に登板して防御率6.38。1軍での登板機会は当然なく、自分の無力さを知らされました。変化球でストライクが入らず、カウントを悪くして苦し紛れに投げた直球を痛打される繰り返し。当時は左腕を振ることだけしか頭になく、変化球をどう投げるなど意図がありませんでした。

 

 やるべきことに気づいたのは、1年目オフの秋季キャンプで阿波野秀幸2軍コーチ(現中日1軍投手コーチ)の助言でした。阿波野さんには「右打者の内角に投げるスライダー、フォークの精度を磨くように」と声をかけられました。これまではスライダー、ほとんど投げたことのないフォークをどのコースに投げるかなど考えていませんでしたが、この秋季キャンプでカウントを取るスライダー、ファウルを打たせるスライダー、決め球のスライダーの習得に励みました。

 

 フォークもカウントを取る球、空振りを意図した球と投げ分けるように心がけました。技術はまだまだ未熟でしたが、意識を変えたことで投球に幅ができました。僕は変化球がカーブ、スライダー、フォークと球種は少ないのですが、内外角を意識してスライダーを3種類、フォークを2種類投げ分けることで打者の反応も変わりました。ガムシャラに投げるだけではプロの世界では勝てません。翌年に1軍デビューして3勝挙げられたのは、間違いなくこの秋季キャンプかあったからこそだと思います。

f:id:imp0201:20191112170400j:plain

 10月下旬、中日の秋季練習中に阿波野さんが投手陣を集めて「内角」をテーマにした講義を行ったという報道を見て懐かしく感じました。各球団の首脳陣の金言には、選手たちが自分の可能性を開花させるヒントが詰まっています。この時期を「実りの秋」にして、1人でも多くの選手が来季は飛躍してほしいですね。