【スポンサーリンク】

林昌範 今季限りで引退する広島・永川、ロッテ・福浦に抱く特別な思い

 林昌範です。シーズン終盤となり優勝争いが白熱する中、今年限りでユニフォームを脱ぐ選手が報じられる季節になりました。各球団で現役引退を決断した選手の方々は現役時代にお世話になったり、手強いライバルとして立ちはだかった先輩方が多いです。今回は2人の選手を取り上げさせていただきます。

 

 1人目は広島の永川勝浩投手です。新人で25セーブ、07年から3年連続で30セーブ以上を挙げるなど、広島の守護神として君臨しました。通算165セーブは球団記録です。永川さんは長身から投げ下ろす直球が凄かったですが、目を奪われたのはフォークの精度の高さです。私も現役時代に救援として自分の居場所をつかもうと必死だったので、先輩を介して永川さんに落差の大きいフォークの投げ方を聞きに行ったことがあります。相手球団の縁もゆかりのない年下の投手に対し、永川さんは握り方など丁寧に教えてくれました。気さくに接してくれることを想像していなかったので、感謝の気持ちで一杯になったのを覚えています。身体能力の高さを取り上げられることが多かったですが、年を重ねてからスライダーやスプリットをウイニングショットにモデルチェンジするなど、創意工夫を色々されていたと思います。広島の黄金時代の礎を作ったのは永川さんだと思います。

f:id:imp0201:20190912112630j:plain

 2人目はロッテの福浦和也選手です。同じ千葉県出身の福浦さんは僕にとって永遠のスーパースターです。高校時代は投手でしたが、ドラフト7位でロッテに入団して野手に転向し、2000安打を放つ偉業を達成しました。僕もドラフト7位で巨人に入団したので、福浦さんの活躍は勇気づけられましたし発奮材料になりました。現役時代は沖縄で一緒に自主トレをさせて頂いたのですが、一塁を守っていて感じる「良い投手像」、打者目線でバッテリーの配球などについて貴重な助言を頂き、野球人生の大きな財産になりました。今年1月に福浦さんが今季限りでの現役引退を発表してから、ロッテの選手たちは特別な思いを胸に秘めてシーズンを戦っていると思います。9月23日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で引退試合が行われますが、チームはCS進出の好位置につけています。福浦さんの後押しを背に受けて短期決戦で下剋上を達成する可能性は十分にあると思います。