【スポンサーリンク】

林昌範が分析 新戦力の加入で才能の覚醒が期待される選手たち

 春季キャンプが終わり、オープン戦が始まりました。例年以上に主力選手の仕上がりも早いように感じます。巨人・菅野智之投手やソフトバンク千賀滉大投手などエース級の投球を見ると状態の良さに驚かされました。シーズンが楽しみです。

 

 主力選手にとってオープン戦は開幕に向けての調整段階ですが、若手選手は開幕1軍、レギュラー獲りに向けて結果を残し、アピールしなければいけません。プロ野球は弱肉強食の世界です。結果を出さなければすぐに代わりの選手にレギュラーを奪われます。僕も現役時代は若手の台頭が大きな刺激になりました。巨人で救援だった時に故障で戦線離脱した時、同じポジションでどんどん伸びてきたのが山口鉄也投手でした。素晴らしい投手の存在を目の当たりにして早く故障を治さなければいけないと危機感を感じましたし、まだまだ負けられないと発奮材料にしたのを覚えています。

 

 ライバルの加入で眠っていた可能性が引き出されるケースは珍しくありません。巨人・小林誠司選手は、炭谷銀仁朗選手がFAで加入して大きな覚悟を持って今年に臨んでいると思います。かつて新人王を獲得した阪神の高山俊選手、楽天のオコエ瑠偉選手も状況は似ています。同じ外野のポジションにドラフト1位の近本光司選手、辰巳涼介が加入し、レギュラー争いに勝ち抜かなければいけません。高山選手、オコエ選手は共に4年前の15年ドラフト1位で加入し、「チームを背負う逸材」とメディアに取り上げられる立場でしたが、新しい選手が加入すると状況は一変します。プロ野球は本当に厳しい世界だと思います。

 

 ただ、ライバルに勝つことができたらもう一度本来の活躍ができるのではないでしょうか。小林選手は12球団随一の強肩ですし、高山選手の打撃技術の高さ、オコエ選手の潜在能力の高さは誰もが認めるところです。DeNA・桑原将志選手も同様です。2年目の神里和毅選手と中堅争いで、キャンプで結果を残せずファームに降格しました。絶対的なレギュラーではないかもしれませんが、開幕までまだ時間はあります。激しい定位置争いはチーム力の底上げにつながります。プロで経験した苦しみ、挫折を糧に頑張ってほしいですね。

f:id:imp0201:20190303182321j:plain

大ブレークが期待されるDeNA・桑原
林 昌範(はやし・まさのり) 1983年9月19日、千葉県船橋市生まれの35歳。市立船橋高から01年ドラフト7巡目で巨人入団。06年には自身最多の62試合に登板するなど主に救援で活躍。08年オフにトレードで日本ハムへ移籍した。11年に退団し、12年からDeNAに加入。昨オフに戦力外通告を受けて現役引退した。通算成績は421試合で22勝26敗22セーブ99ホールド、防御率3・49。186センチ、80キロ。左投左打。家族はフリーアナウンサーの京子夫人と1男1女。