林昌範連載第19回 「移籍組」が古巣と対戦時に抱く特別な感情とは

  

f:id:imp0201:20181228120154j:plain

 

 交流戦も終わりに近づいてきました。ヤクルトが球団初の優勝を飾るなど、今年もファンの皆さんは楽しめたと思います。僕が注目していたのは違うリーグの球団に移籍して古巣と対戦した選手たちです。中日・松坂投手、西武・榎田投手、ヤクルト・田代選手などは色んな感情が入り混じった中でプレーしたのではないかなと思って見ていました。

 僕自身も巨人、日本ハム、DeNAでプレーさせていただきましたが、違うリーグに移籍すると古巣と対戦する事が少なくなります。交流戦で投げる時はワクワク感と同時に、自分の手の内を知り尽くされている不安な気持ちと特別な感情で球場に向かったのを今でも思っています。

 09年にトレードで日本ハムに移籍した時、交流戦の巨人戦で阿部慎之助選手と対戦した時は本当に不思議な感覚でした。今までは自分がマウンドにいた時にキャッチャーマスクをかぶっていた人が打席に立っている。なかなか伝わりづらいかもしれませんが、自分の中でまったく想像をしていないシチュエーションでした。巨人在籍時は阿部さんに情けない投球をして怒られたりしたこともありますが、チームの勝利のため、抑えるために一緒に考えて頂き、苦しい投球をしている時も常に言葉や構えで自分を引っ張ってくれました。その野球界の恩人と対戦した時、「今は自分の敵なんだ」とマウンドで思ったことを今でも覚えています。きっと僕だけでなく、移籍した選手ならこの不思議な感覚があるのではないかなと思います。もちろん時間がたてばそのような気持ちも薄くなるのですが、移籍1年目は特別な感情で古巣の球団と対戦するのではないでしょうか。

 移籍先だけでなく、古巣のファンの方から温かい拍手をもらうと選手は本当にうれしい気持ちになります。今年の交流戦で西武の榎田投手が阪神戦で白星を挙げた時に、阪神ファンも称えていましたが、とても素晴らしい光景だなと思いました。違うリーグへ移籍しても交流戦で頑張っている選手を見られます。選手は新天地で活躍することが応援してくれた人の恩返しにもなるので頑張ってほしいですね。

林 昌範(はやし・まさのり) 1983年9月19日、千葉県船橋市生まれの35歳。市立船橋高から01年ドラフト7巡目で巨人入団。06年には自身最多の62試合に登板するなど主に救援で活躍。08年オフにトレードで日本ハムへ移籍した。11年に退団し、12年からDeNAに加入。昨オフに戦力外通告を受けて現役引退した。通算成績は421試合で22勝26敗22セーブ99ホールド、防御率3・49。186センチ、80キロ。左投左打。家族はフリーアナウンサーの京子夫人と1男1女。