【スポンサーリンク】

NGT早川支配人がツイッターで発信も…反発買うばかりで逆効果?

 NGT48支配人の早川麻依子氏が24日深夜にツイッターを更新し、昨年12月に山口真帆さんが男二人組から暴行を受けた事件について、経緯を説明するツイートを行った。

 早川氏は「違うことは違うと直接説明したがっていたメンバーの話を3人に聞いてもらう機会をつくることは叶いませんでした。私がちゃんと話をする場を設けてることができていたなら、違う結果になっていたかもしれない…自分の力不足を痛感しています」と投稿。山口さんら卒業メンバー3人とファンとの交流があったとされる一部メンバーの間で事件をめぐり、わだかまりがあったまま解決できなかったことを明かした。

 また、暴行事件で一部のNGTメンバーが犯人グループとつながり、山口さんに関する情報を提供したという情報が拡散されている。早川氏は「12/8に起こった暴行事件に加担したメンバーはおりません。警察で事情聴取を受けたメンバーは、捜査協力のため事情聴取を任意で受け、自ら携帯を提出しましたが、関与はなかったと認められています」とこの情報を全否定。「被害届を本人の意思に反して会社が取り下げることは法律上できません。またそれを指示した事実もありません。なぜ不起訴になったかは、被害者かその家族でなければ検察からは教えてもらえません」と説明した。

f:id:imp0201:20190521210041j:plain

 一連のツイートに対し、「NGT48の運営って、どうしてこうも馬鹿なのか。この期に及んで黒とされるメンバーを悪くないと言い訳して通じると思うのか?理解にできない。 卒業した真帆ちゃん達をこれ以上傷つけないで欲しい。 この支配人が呟けば呟くほどNGT48に嫌悪感が増す」、「山口真帆さんが卒業する前になぜ主張しなかったんですか?卒業後に言うとかタイミング悪すぎるし、フェアじゃない。山口さんも傷つくよ」と批判的な声が多い。事件の真相を説明したことに関しても、「ツイッターでつぶやく事案じゃないよ。なんで記者会見開かないの?ちょっと神経を疑うよ」と疑問を呈する声が多い。NGT再生のために、早川氏はツイッターで発信し続けているが「逆効果だ」という指摘もあり、前途多難な状況が続きそうだ。