【スポンサーリンク】

鳩山元首相 東京五輪が「放射能オリンピックと命名されている」でネットが炎上

 鳩山由紀夫元首相が12日、東京五輪が「放射能オリンピックと命名されている」と自身のツイッターに投稿した内容が批判の書き込みで炎上している。

 鳩山氏は「既に東京五輪のチケットが売り出されたようであるが、例えばノーベル平和賞を受賞した核戦争防止国際医師会議は、放射能オリンピックと命名して放射能汚染リスクの残る東京でのオリンピック開催を疑問視している。日本では報道されないが、欧米でこのような動きが広まってきていることは理解すべきだ」と綴った。

 

f:id:imp0201:20190513103558j:plain

 ネット上ではこの書き込みに、「欧州に住んでいるがオリンピック番組やその他の情報番組観ているが、そのように揶揄されたりしているのを一度も見た事ない。アスリート達も東京五輪楽しみにしてるぞ」、「それを知って日本の元総理大臣としてどうしたの?腐っても、それなりに発言の影響力がある元総理大臣なんだから、実際に開催される会場に出向いて、測定してSNSでも良いからアップすれば良い。実際そう言っている人たちはいるとは思うけれど、それを払拭しようともせず『ほら、こんな事を言われてるよ!』と嬉しそうに拡散して何がしたいの?」など批判的な書き込みが殺到。

 

 「5月の連休に福島原発避難地域周辺を回ってきましたが、まだ人は疎らにしか住んでいません。何故安倍は本当のことを、海外に発信しないのか、本当に嘘つきだと思います。こんな状況でオリンピックに浮かれて良いのか?日本人としてやるべきことは他にあるはずです。もっと現実を見なければ駄目です」と鳩山氏の主張に一定の理解を示す書き込みもあったが、少数だった。