【スポンサーリンク】

訪韓中の鳩山元首相がツイッター更新 「空気読め。今は台風」と批判が

 訪韓中の元首相・鳩山由紀夫氏が自身のツイッターを更新。「釜山大学での講演の為訪韓しています。盧武鉉元大統領の墓参をし、同財団の柳理事長にお会いしました。現在の日韓関係の打開の糸口にするためにも、天皇即位式には是非文大統領ご自身の出席を希望すると申したら、早速大統領に会って伝えると言われました」と綴った。

 

 今月22、23日に開かれる天皇即位式には各国の首脳が参加予定だが、悪化の一途をたどる日韓関係で、文在寅大統領が出席する可能性は低いとみられる。

 

 鳩山氏のツイートに、「韓国がいろいろやらかしたから現在に至るという日本の立場があって、文大統領が来ることによってなにが解決の糸口になるんですか?おそらく安倍総理は日程的にも文大統領とは会わないとおもいますが。ただ単に来れば何か変わるっておもう思考回路が私にはまだ理解できません」と批判の声が。また、「現状はまだ無理かも知れませんが、パイプ役として繋がりを持つのは必要ですね。韓国側に何か変化があり、話しが出来そうなタイミングの時は、鳩山様に日本と国民の為に、お願い致します。生ニコ動でも、河野様の話しだと、話し合いの現場は国同士の話しはともかく、人対人は話せるみたいですし」など理解を示す書き込みもあった。

f:id:imp0201:20191011200458j:plain

 ただ、日本国内は大型で非常に強い台風19号が上陸して各地で竜巻などによる被害が出ている。この状況で更新した鳩山氏のツイッターを読んで、「正直、日本国民は、今それどこではないのを承知で書いてますか?」、「空気読め。今は台風」など不快感を示すリプライが目立った。