【スポンサーリンク】

鳩山元首相、新型コロナ対策「日本も韓国見習うべき」でツイッターが異常事態に

 鳩山由紀夫元首相が16日に自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの感染拡大の対応について「日本も韓国を見習うべき」と持論を主張し、大きな波紋を呼んでいる。

 

 鳩山元首相は「コロナの対策は早期発見と感染者の隔離である。ウィルスを培養するには時間がかかるが、抗体の有無を調べるのはすぐにできる。その方法で韓国ではドライブスルー検査システムで1日1万件検査可能となった。感染者は多くなるが早く収束するだろう。隠蔽すれば長くかかる。日本も韓国を見習うべきである」とツイート。

 

 リプライ欄には「私は現場の医師ですが、こういう発言に煽られて検査を希望する方が相次ぎ、医療機関が混乱しています。検査されて陰性でも偽陰性が多い検査です。陰性で歩かれればばらまかれます。有病率が低い時に多数に検査をすると陽性的中率が下がります。意味のある検査にするためにも適切な情報発信を!」、「感染者の数気にするより死者が出ないように対応する事が大事です!感染がわかっても特効薬がない現状では検査する意味はさほどでは?不安を煽る検査の数発言をそろそろやめてもらいたい!」など批判の書き込みが。

f:id:imp0201:20200226103420j:plain

 一方で、「確かに。韓国は日々の感染者数も減少しているし、医療崩壊はしていない。国を挙げて感染の早期発見、収束に力入れている。病院以外での民間の隔離施設の提供など官民の協力体制で医療崩壊を起こさないなど見習うべき点は多いでしょうね。韓国という国は好きではないが、今、見習う点は認めます」、「確かに、国民への煽動力。世界へのロビー活動力。行政の実行力・迅速さ。国民の団結力は日本は及ばない。今は、勢いは凄い」と鳩山氏の主張に理解し示す意見も見られた。