【スポンサーリンク】

鳩山元首相のツィートに驚きの声 「なりすまし」を疑う声も 

 鳩山由紀夫元首相が6日に自身のツイッターを更新。韓国の国会議員団が8月31日に竹島に上陸したことについて、「領土問題を議論すると熱くなるが、とくに政治家は常に冷静さが求められる。その意味で申せば、先般韓国の議員たちが竹島に上陸して気勢を上げていたが、このような行為は火に油を注ぐだけで、問題を徒に感情的にするだけで好ましいとは思わない。自制を求めたい」と綴ったことが大きな反響を呼んでいる。

 

 日韓関係が悪化の一途をたどる中、鳩山氏はこれまでのツイートでは日本政府の姿勢を批判してきた。3日に更新したツイートでは「竹島の領有権を主張するなら、なぜアメリカの地図に竹島は韓国領とされたときに、日本政府は反対しなかったのか。ポツダム宣言で離島の主権は連合国が決めるのだ」と主張。竹島は韓国領と解釈していると受け取られかねない歴史認識に、「不勉強すぎる。サンフランシスコ講和条約締結の際、連合国は韓国が竹島である主張を却下している。それで、条約の調印から発効までのスキをみて、韓国が李承晩ラインを勝手に引いて不法占拠している。こんな基本的な歴史的事実を知らないのか、意図的にすり替えているのか。いずれにせよこの発言は大問題だよ」など批判の声で炎上した。

f:id:imp0201:20190825082856j:plain

 ところがこの日のツイートでは、今まで言及しなかった韓国議員の竹島上陸を批判。リプライ欄には「普段の鳩山氏なら絶対に言いそうにない発言だし、何故このタイミングでこの発言⁈ 嫌な予感がする。有事など無ければ良いが…。急にやんわり日本にすり寄ってきた。寒気がする。本当に嫌な予感」など驚きの声が相次いだ。「アカ乗っ取られていませんか?」、「アカウント乗っ取られていますよ」と鳩山氏のなりすましが書いたと揶揄する書き込みも。今後の発言にも注目が集まりそうだ。