【スポンサーリンク】

鳩山元首相、「何一つ成果をあげていない」と安倍首相批判でネット炎上

 鳩山由紀夫元首相(72)が5日に自身のツイートを更新。安倍晋三首相(64)について、「何一つ外交で成果を上げることができていない」と痛烈批判した。

 

 鳩山氏は「海外に出て色んな外国人と話すと分かることがある。プーチンやトランプにあれだけ子ども扱いされているのに、なぜ安倍首相は日本で支持されているのかと、良く聞かれる。私は一つは野党の存在感が薄いこと、もっと深刻なことは、メディアが安倍さんを忖度して、真実を報道しないことだと答えている」とツイート。国際的な観点では安倍首相の支持率が高いことに疑問を呈する声が多く、その背景に政権に忖度しているメディア報道があることを指摘した。また、「北朝鮮問題では完全に蚊帳の外に置かれていた安倍首相が、金正恩委員長と会談する用意があると言い出した。なぜ言い出したのか、それは彼は何一つ外交で成果を上げることが出来ず、北方領土問題も簡単に解決できないと分かったからだろう。足許を見られたら、外交は高くつくのではないかと懸念する」と分析。金委員長との会談を検討するようになった背景に、ロシアと北方領土問題の交渉が難航していることが一因であると綴った。 

f:id:imp0201:20190506111001j:plain

 

 さらに3度目の投稿では「安倍首相が北朝鮮に行って金正恩委員長と会談するとどうなるか。一番喜ぶのはトランプ大統領だろう。俺が言ってやったから会談ができたと。それで安倍首相はトランプ大統領に借りを作ったことになり、日米貿易交渉で日本は借りを返さなければならなくなる。車と農業、危ないのは農業のほうではないか」と北朝鮮との会談が実現しても、米国から貿易交渉で圧力が強まり、農作物輸入などで農業が打撃を受けることを懸念した。

 

 安倍首相の外交手腕を批判した鳩山氏だったが、09年の政権交代選挙の際に普天間基地移設問題で「最低でも県外」と発言。ところが鳩山政権で代替地を見つけられないまま県外移設を断念。日米関係に緊張関係が生じ、沖縄県民や国民から不信感が募り求心力が低下した経緯がある。ネット上では、「あんたが言うなと日本国民全体が思ったでしょう」、「人の振りみて我が振り直せ。この言葉、この人のためにある言葉かと。確かに安倍首相の外交成果が完璧かといえばそうでないかと思うが、批判している当人はどうだったのか。本当にこの国を良くしたいのなら、少なくとも首相を経験した立場なら、批判ばかりでなく、道筋を示してもよいのではないか」と批判的な書き込みで炎上。「安倍批判」もSNS上で共感を得られる意見は少なかった。