【スポンサーリンク】

日韓関係の悪化が影響?ヘイトスピーチで更迭の年金事務所所長に擁護の声

 日本年金機構世田谷年金事務所所長の葛西幸久氏が、韓国人への差別を煽る書き込みをツイッターで行ったとして更迭された騒動で、SNS上では擁護の声が少なくない。葛西氏は実名や身分を伏せてツイッターを利用。「これ以上来日することは、治安の悪化に直結する」、「属国根性のひきょうな民族。断交、無視が一番」、「反日教育を受けているんだから、そもそも(日本へ)くる必要ない」など韓国人に対する差別的な表現を繰り返し書き込んだ。

 

 発言は断じて許されるものではない。だが、SNS上の書き込みを見ると葛西氏を擁護する声が多いことに驚かされる。「事実を指摘しているだけなのに更迭は処分が重すぎる気がする。寛大な処置をして欲しい。反日ヘイトはいいがその逆はダメという片寄った風潮を正す良い機会だと思う」、「大勢の国民が同じ思いだと思います。おっしゃっていることは、正しい。ただ、身バレしないようにしないと脇が甘かったですね。立場上、更迭処分にするしかないのかもしれませんが、逆に言論弾圧では?と思ってしまいます」という書き込みや、「外国人の大量入国で治安悪化、外国人生活保護増加、外国人福祉給付金(掛け金ゼロで貰う年金)増加を懸念し、勇気を出して内部告発してくれた。更迭は日本の国益を損なう」と更迭に反対する意見も。

 

  葛西氏の行動を批判する声は当然ある。「公務中にやっていることが一つの大きな問題だ。また、ヘイト投稿の対象及び内容が、非常に広範でかつ最悪のネトウヨレベルのひどいものであることも問題で、こういう民主主義社会と相いれない思想を抱く人物が、全体の奉仕者として公務員にいたことも重大だ。特に、個人情報に接する年金機構に、いわば『社会の敵』とも言うべき人物がもぐりこんでいたことの影響は大きい」と指摘するが、葛西氏の発言を肯定する書き込みが目立った。

 

 SNS上で「ヘイトスピーチ」に賛同する動きは、日韓関係の悪化が影響しているとみられる。昨年秋から元徴用工への賠償をめぐる裁判、慰安婦問題、レーダー照射問題と次々に両国間で問題が浮上し、日韓の政府が意見の相違で対立している。過去にないほど日韓関係が悪い中、葛西氏の韓国人に対する差別発言は支持を集めたのだろう。 日本国民に根強く残る韓国への不信感を払しょくできる日は来るのだろうか。 

f:id:imp0201:20190326184037j:plain