【スポンサーリンク】

橋下氏「国会議員の歳費2割カット少ない」で、「ある大臣」の反論に怒りの声が

 元大阪市長の橋下徹弁護士が19日、フジテレビ「日曜報道 THE PRIME」に出演。ゲスト出演した西村康稔新型コロナ法・経済再生担当相と国会議員の歳費2割カットを巡り、激しいやり取りが大きな反響を呼んでいる。

 

 橋下氏は西村氏に対して「強く言いたいのは、今の国会議員の皆さん、国民感覚からかなりズレてると思います」と迫った。「どうもね、政治家の皆さんは、自分たちの給料がほとんど保証されるし、議員会館の賃料は民間なら100万円超えてますし、秘書3人の人件費も税金。こういう環境の中で、国民の今の逼迫した状況を感覚的にとらえていない」と批判した。

 

 この意見に対し、西村氏は与野党で「歳費2割返納」を検討する案が出ていると弁明すると、橋下氏は「歳費2割で、国民だますのは絶対良くない。みなさんが受け取るのは(ほかに文通費などもあり年間)5000万から6000万円。2割カットは、(給料)1200万円の2割で、全体の5%か6%のカットにしか過ぎない。これを2割というのは、僕は国民を甘く見ているとしか思えません」と糾弾した。

 

 すると、西村氏は「歳費は頂いてます。頂いた分、仕事はしっかりしていると思っている。無駄には使っていません。信託に応えるため全力でやっている。全ての議員がそうだと思う」と反論した。

f:id:imp0201:20200419103734j:plain

 ネット上では、「歳費分しっかり仕事をしているだなんて、笑わせるな。無能な議員、官僚の言いなり議員、批判だけの議員、そんなのばかりじゃないか。歳費に見合う仕事をしている国会議員を探してみたけど、見当たらなかったんだよな」、「バッカじゃねーの!。例えば、子供に“勉強しろ!“と言うと“勉強してる!“と答える。しかし、成績が上がってないなら、結果が出てないなら、方法や効率が悪いわけで“勉強してない“に等しい。要は結果!。仕事をシッカリした証を示してから言いな!」など西村氏の発言に怒りの声が。

 

 また、「橋下さんの発言は論理的で根拠を示してわかり易い。この未曾有の事態に抽象論や平時の時の発言は世間では通用しない。そういう意味で橋下さんは国民が気付かない視点から的を得た発言で国側に伝えている」と橋下氏の主張に賛同する意見が多かった。