【スポンサーリンク】

橋下徹氏、京アニ放火事件容疑者「一人で死んでほしい」に論点のズレを指摘する声が

 元大阪府知事の橋下徹氏が27日放送の日本テレビ系報道番組「ウェークアップ!ぷらす」に生出演した。

 番組では、京都市伏見区のアニメ制作会社・京都アニメーションの放火事件を特集。平成以降の放火事件では最多の死者数の34人が亡くなり、放火した青葉真司容疑者(41)も全身にやけどを負い、重体で入院している。橋下氏は「正直言ってどうすべきがわからないですし、責任能力の問題もあるし、裁判にもなっていないので確定したことはこの容疑者には言えないですけど」と前置きした上で、「一般論として、悩んでいる人をしっかり支える社会システムを必要なのは当たり前のことです。誰もが言いますけど、でも本当にやむを得ず自暴自棄になってどうしようもないっていった時には、僕は一人で死んでほしいですよ」と言葉を並べた。

 

 1人で死んでほしいという言葉は過激に受け止められるが、その真意について、「一人で死ねっていうことが批判的に言われましたけど、社会で支えるいろんなシステムを作るのは当たり前なんですけど、最後にどうしてもっていうときには、自分の命は人に迷惑かけずに自分で絶てっていうことは、教育でやったからってこの犯人が止まるとは思いませんよ。でも、社会でこういうことは言い続けるべきだと思います」と主張した。

 橋下氏の意見に、コメンテーターとして出演した三輪記子弁護士は「一人で死ねっていう先生の発言にはまったく賛同はできなくて、今回の被疑者がそういう風に思っていたのか、まだわからないですし」と反論。橋下氏が「一般論としてっていう意味で言っているんでね。まだこの容疑者に対して裁判も確定していないけども、じゃぁ一人で死ななければどうするんですか?他人を犠牲にしていいんですか?」と問いかけ、「他人を犠牲にするなっていうことは一人で死ねっていうことじゃないですか?そこをごまかしちゃダメですよ。社会はそういう規範意識を醸成して、自分の命を絶つときは絶対に人に迷惑をかけるなっていうことを社会がそういう風にしていかないと、きれいごとばかり言ってもダメですよ」と強調した。

 

 ネット上では、「確かに今回の件は1人で死ねと言いたい。犯人を擁護するコメンテーターは頭おかしい。普通に考えて34人も道連れにして一体何がしたかったのか。感情的になっても仕方ないけど、1人で死ねは感情的に出てきても仕方のない言葉だと思う」、「冷たい言い方だったと思うが、最終的には橋下さんの言う結論しかないと思う。反論していた人もいたが、結論は結局一緒であり、社会が『無関係な人を巻き込むな』という流れと教育をするのは必要と思う」と橋下氏に賛同の書き込みが多い。 

f:id:imp0201:20190711105159j:plain

 一方で、青葉容疑者が自暴自棄になって放火事件に及んだという前提で、橋下氏が持論を展開したことに疑問を呈する声も。「この事件のポイントはそこではないと思う。今後、もし犯人の意識が回復したら、自分のやったことを正当化するために『死にたかった』というかもしれないが、実際の動機は逆恨みの可能性が高いと思う。本質を見誤るととんでもない結論が出てくるので、注意した方がいいと思う」、「以前にも同じ議論があったが、今回はまるで違う。前回の件はまさに他者を巻き込んで死のうとした人間。今回はただすべてを破壊したいという衝動に突き動かされた人間。道連れとか思っていないし重傷だが生きている。死ぬ気などさらさらないから。今回の件は昔小学校に侵入し児童に危害を加えた事件を同じで、危機管理と防犯が重要な課題だと思う。つまり同業のアニメ制作会社でも起こるかもしれないから不審者を建物に入れない対策を講じることを論じるべきで、橋本氏の意見は論点がずれている」と反論の意見もみられた。