【スポンサーリンク】

近藤春菜が吉本会長の発言に反論 ネット上は賛否両論の声が

 お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜(36)がサブMCを務める日本テレビ系情報番組「スッキリ」に出演。同じ吉本興業に所属する芸人13人が反社会勢力との闇営業で謹慎処分を受けた問題について語った。

 吉本興業は13日、雨上がり決死隊・宮迫博之が100万円を受け取っていたなど闇営業で謹慎処分を下した13人が授受した報酬額を公表。近藤は「ほかの事務所の芸人(ザブングル )さんの対応見たりとか、週刊誌で金額が出たから今言ったんじゃないかって印象持たれても仕方がないくらい遅い対応だと思いました」、「すべてが後手後手に回っているなって印象」と対応の遅さを指摘した。

 

 また、吉本興業ホールディングスの大崎洋会長(65)が新聞社などのインタビューで所属芸人と書面の契約を交わしていないことについて「(口頭でも)契約関係は法律上成立している」と説明したことにも言及。「会長は口頭でも契約は成立する、っておっしゃってましたけど。芸人が…お互い(契約内容に)同意してないと。(私は)口頭でも聞いた覚えないですし、会社の(ギャラの)取り分とかほかの部分に関しても(聞いた覚えが)何もない。私は養成所(NSC)に入って、そのままなんとなく(今に至る)流れできて。会長のおっしゃっていることと芸人みんなの“相違”…、これで納得している芸人っていないと思います」と異を唱えた。

 

 近藤のコメントは芸人たちの思いを代弁したものかもしれない。だが、自分の所属する大手事務所の会長に対し、メディアを通して反論するのは勇気が要るだろう。ネット上では、「見直しました。力がデカイ会社で中の人が言えるのは立派です。そのとうりでしょう。吉本のTOPにいる人間が自分のマイナスになるようなこと言うわけ無いのです」、「はるなさんよく言ったと思う。吉本の話の内容には違和感を感じた。強いもの、上の者が絶対という地位を背景に話したように感じた。そんななかで、芸人はるなはよく言ったと思う。彼女の今後の活躍を祈りたい」など称賛の声が多い。

f:id:imp0201:20190715233616j:plain

 一方で、「春菜さんが勘違いしているみたいですが、吉本でやるか、と聞かれ『やります』、と答えた時点で、ハンコついたのと同じですよ、って意味だと思う。内容の説明がなかったから、とか言ってるけど、説明も聞かずにハンコを押すのがわるいよ。すでにそれだけ仕事してる時点でもう吉本との契約を追認してる事になるでしょ。他の芸人さんもいっしょ。吉本のシステムを知りつつ、仕事してる時点で内容も後から認めてるってことになる。契約内容に不満があったならその時点で契約解除すればいい。恩知らずな言いがかりだわ。吉本の人間ではないけど、春菜さんは汚いと思う」と近藤を非難する書き込みも。所属芸人と従来通り口頭の契約を続けるか、反社会勢力の裏営業の事件を機に書面で契約を結ぶ形態に変えるか。吉本興業も所属芸人の意見をくみ取った上で、再考の必要があるかもしれない。