【スポンサーリンク】

東京の一等地に住む人気タレントの「小遣い額」に驚きの声が

 お笑いコンビ「FUJIWARA」の原西孝幸が21日放送の関西テレビ「マルコポロリ!」に出演。コロナ禍の小遣い額がゼロだったことを明かし、大きな反響を呼んでいる。

 

 番組では「嫁のことが好きでたまらない芸能人たち」が集結。愛妻家で知られる原西も出演。高校時代の同級生だった妻との生活について語った。東京の一等地に家を買ったことを機に、月5万円の小遣い制に。多少の変動はあるというが、上がっても6万円だという。それでも、愛する妻のために我慢し、テレビゲームのソフトを売るなどして何とか持ちこたえていた。

 

 そして、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛期間に提示された金額に言及。「僕は別に苦ではないんですけど、これはビックリしましたよね。4月と5月の小遣い、ゼロですよ。俺、49歳やで?外出しませんから」と苦笑いを浮かべた。原西によると、女性との交際歴は、妻と結婚前に交際していた女性の2人だけという。月亭方正が「2人だけですか?」と驚きの声を上げると、原西は「見たことのあるおっぱいは4つだけです」と笑わせた。

 

 ネット上では「原西さんが優しいから小遣い0でも文句言わないんだろうけど、いくら家族のために働いてるとは言え、働く楽しみのひとつとして自分で働いた金で自由に使える小遣いがいくらかあるぐらいの気持ちがないと働くのがアホらしくなると思いますが。女は家計のやりくりして浮かせた金で美容院やら、ランチやら、メイク用品やら買うのにね。まぁ、本人が幸せなら別にいいですが」、「芸人がそれではあかん。後輩にご飯奢らないと、自分より収入が少ない人に 気前よくしないとサラリーマンより少ないやん大人しいですね。原西さん」など原西がもっと小遣い額を受け取るべきという声が。

f:id:imp0201:20200527064508j:plain

 一方で、「お小遣い無くても1兆個もギャグ持ってるやん。原西さんの全ての源が家族だと感じます。亡くなられたお母さんも楽しい方だったし。ええ家族や」、「でも原西の奥さんは賢いと思う。先を見据えての倹約なんだと思うわ。相方より全然幸せやん」など称賛のコメントも多かった。