【スポンサーリンク】

示談強要で飲食店経営の男逮捕 メディア報道の「ある表現」に批判の声が

 殴って鼻を骨折させた男性を脅して示談に応じさせたとして、大阪府警捜査4課などは16日、大阪市浪速区幸町、飲食店経営の籠池勇介容疑者(32)と、飲食店従業員の少年(19)を強要の疑いで逮捕した。

 

 メディア報道によると、6月上旬に少年と被害者の男性が大阪市内の飲食店でトラブルになった少年に殴られて鼻を骨折した。男性が警察に被害を申告しようとしたため、少年から相談を受けた籠池容疑者が大阪市内の飲食店に男性を呼び出し、「誰に口きいとんねん」などと脅し、示談書に署名させたという。

 

 籠池容疑者は8月下旬、経営する飲食店の売上金を巡ってトラブルになった関係者を脅したとして、恐喝未遂の疑いで逮捕されていた。ネット上では、一部のメディア報道で、籠池容疑者が大阪・ミナミを拠点に活動する「半グレ集団の幹部」と報じたことに批判の声が集まった。「半分だけぐれているみたいなやんわりとした表現を止めてほしい」、「半グレって言葉が半グレ活動を許容しているような気がしてならない。暴力団として扱うべき!」、「半グレって何ですか?“犯罪集団”でしょう?マスコミがそういった報道を続けると既成事実化してしまうのでやめてもらいたい。それとも、マスコミが擁護しなければならない連中という事でしょうか?」と不快感を示す書き込みが目立った。

f:id:imp0201:20190916211018j:plain

 また、「昔の暴力団がしてたことをしているという事だね。むろん、暴力団傘下の組織である訳でただ属してないから暴対法の適応外なのだが、いい加減こういう茶番的な法律変えませんか?」と法改正を求める意見も少なくなかった。