【スポンサーリンク】

差別?日本政府の韓国航空会社への「ある対応」に、GSOMIA破棄求める声が

 中央日報は25日、日本政府が半年近く韓国航空会社の東京羽田空港の利用を制限し、他国の航空会社には特定時間帯に空港を利用する権利を与えていると報じた。

 

 同紙の報道によると、日本政府が韓国人の入国空港を成田空港と関西地域の関西国際空港2カ所に制限したため、大韓航空とアシアナ航空が一日3便ずつ運航していた金浦~羽田路線と一日1便ずつ運航していた仁川空港~羽田空港路線など8スロットが入国禁止が強化された3月9日から使えなくなっているという。

 

 同紙は、日本政府は韓国航空会社の羽田空港の利用を防いで先月からトルコ航空など外国航空会社に新規スロットを与えていることを指摘。来月から長期滞留資格所持者の日本入国が許されたが、韓国国民は東京から北東に1時間30分離れた成田空港を利用する不便を強いられていると批判した。

f:id:imp0201:20200826094157j:plain

 この報道に韓国のネットユーザーからは「日本の陰険な嫌がらせだ。こんなことをしてた恥ずかしくないのか」、「韓国だけをあからさまに差別している。GSOMIAを破棄しても良いのでは?」などの書き込みが。一方で日本のネット上では、「そもそもNO JAPANによる航空便が激減し、空港の枠は空いていたはずです。日本の空港も営業利益を考えなければいけませんから、空いた枠は他の国の便で埋めるのは当たり前のことでしょう。自分たちが招いた結果なのに、利便性が失われると日本のせいにする。本当に付き合いきれませんね」、「単なる言いがかり。空港は回転率が重要。潰れそうな航空会社にボイコットジャパンで利用率を自ら下げる努力費やしていることを棚に上げて言われる筋合いはない」など反発の声が目立った。