【スポンサーリンク】

千葉の自宅が台風被害受けた花田虎上 ある発言に疑問の声が

 元横綱・若乃花でタレントの花田虎上(48)が11日に更新したブログの内容が大きな反響を呼んでいる。

 

 花田は千葉・富津市の自宅が台風15号の影響で停電、テレビやインターのネット通信がつながらないなどの被害を受けていることを明かした。「私が住む富津市でも電気の復旧がまだの所が沢山あり、多くの方が被災しているようです。学校も幼稚園もまだしばらくは休みです。また電波は繋がらなくなりますが、私達は大丈夫です」と家族が無事であることを報告。続いて、「頑張って頂いているとは思いますが、夜の暑さが地獄です。復旧がまだの所への復電をとにかくお願いします!昨日は車内で、テレビのニュース速報が鳴る度にどこかが復電したのかとテレビに目をやりました。しかし夜のニュース速報はどれも内閣改造。その度に落胆しました。暑くて何日も眠れない人がいることに目を向けて欲しいです」と訴えた。

 

 被災地で不便な生活を強いられている人たちの窮状をメディアでもっと取り上げるべきだという思いがあるだろう。ただ、ネット上では、「新しい内閣人事の事と災害を結び付ける事は疑問に思います。台風の影響で甚大な被害が出ているのは国民の多くが心配していますし、今はどこの地域でも災害が起きる可能性が高いので自分事と捉えてニュースを見ています。有名人ですから発信力も大きいので復旧を急ぐ方たちへの配慮や感謝を述べて頂くと政治家や復旧現場の方たちにも届くと思います」、「当事者になれば『内閣より支援を』と思うのは当然だとも思いますが、国政も必要なことだとも思います。被害に遭われた方々には一日も早く最低限の生活に戻れるよう願っています。ブログで現状を嘆くよりも有名人として先頭に立ち協力・支援を訴える事もできるのかなとも思います。スープや野菜すら口に入れられない方もたくさんいます」など、疑問を呈する書き込みが目立った。

f:id:imp0201:20190912181041j:plain

 一方で、これらの主張に反論も。「花田さんもそういうことを言っているのではないと思いますよ?被災された方々みんなが復旧作業にあたってくれている作業員皆さんに感謝していると思います。もちろん決まっている予定の中での内閣改造ですのでそれもとても大切な情報かと思います。しかし、今はもう少し被災された方々に目を向けた報道をマスコミが行うことによって、今現在とても苦しい思いをされている方が少しでも救いになる何かしらのきっかけになるかもしれない。だからお願いしますといわれているのだと思います」と花田を擁護する意見もあった。被災地の一刻も早い復旧を願うばかりだ。