【スポンサーリンク】

コロナ陽性の客が宿泊 温泉ホテルの「ある対応」に、大きな反響が

 新型コロナウイルス感染が確認された男性が宿泊していた函館市の「湯の川プリンスホテル渚亭」、ホテルが、4月3日から臨時休業することを決めた。

 

 ホテルによると、秋田県で新型コロナの感染が確認された男性が3月28日に宿泊していたと同県の保健所から連絡を受けたという。3日から17日まで2週間臨時休業し、従業員の健康状態を確認するとともに、保健所と相談をしながら再開を目指す。河内昌貴社長はホテルの公式ホームページで、「私たちの情報公開は、多くの方が望んでいることと思います。この後どうなっていくのか私たちにもわかりません。本当に怖さしかありません。それでも、渚亭の矜持として、最後は公開を決断しました」とコメントしている。

 

 ネット上では、「勇気ある決断ですね。ホテル業界も厳しいと思いますが、再開後繁栄します様に‥遠くなのでなかなか難しいですが、騒動が落ち着いたら北海道に旅行に行きたいです!」、「公開に際して大変な葛藤があった事と思いますが、素晴らしい決断だと思います。社長のコメントから苦しい気持ちが伝わりました。応援する気持ちを伝えたいけれど、今は宿泊しには行けないので大変だとは思いますがどうにか踏ん張っていただきたい」などホテルの対応に称賛の声が。

f:id:imp0201:20200315195806j:plain

 また、「客の感染がわかったため、自社の経営を投げ売って公表する。こういう施設をどうにか救ってあげて欲しい。2週間後に再開しても風評で客足は1年は戻らないだろう。我々の税金はこういうところに使われるべきで、訳の分からないバラマキに頼むから使わないで欲しい」、「有名どころですね。自分の稼ぎでは難しい(というか一人だと無理だった記憶が)けど、こういうところに援助金を出してほしい。司法取引じゃないけど感染経路明確化に協力したということで」とホテルに補助金など救済措置を検討すべきという意見も多かった。