【スポンサーリンク】

韓国で無名も日本では大人気 「大統領になってほしい」韓国人アスリートとは

 ラグビー日本代表の具智元(グ・ジウォン)が、4日放送の日本テレビ系「くりいむしちゅーのTHEレジェンド2019」に出演。予選第4戦目のスコットランド戦で右肋骨を痛めて途中交代を命じられ、男泣きした時の心境を語った。

 

 今大会で人気が急上昇したのが、韓国出身でプロップとして奮闘した具だった。フォワードの最前線で体を張り、日本の鉄壁の防御の一翼を担った。試合前の君が代を誰よりも大きな声で歌い、試合後のインタビューでは素朴で穏やかな口調で「癒し系キャラ」として、グラウンドの闘志あふれる姿とのギャップで人気を集めた。

 

 特に印象的な場面が、スコットランド戦だった。前半14分に激しいタックルを受けて肋骨を負傷。激痛に顔をゆがめ、脂汗を流しながらも試合出場していたが、無念の途中交代に。涙を流して悔しさを露わにした。番組内で司会のくりいむしちゅー・上田晋也から「あの場面は続けられる状態じゃなかった?」と問われた具は、「すごく痛くて、骨が動いてた。すごい痛みがあって代えられた」と激痛があったことを明かした。涙の理由を尋ねられると、「日本に来たときから一番の夢がW杯出場。W杯、もう出られないと思った」と悔しくてたまらなかった思いを吐露した。具は準々決勝の南アフリカ戦も患部をテーピングで固定してフル出場。故障箇所は現在もまだ完治には至ってないという。

 

 ネット上では、肋骨を痛めても日本代表のためにプレーした具に称賛のコメントが殺到。「本当に色々あったと思う。だが日本代表として全てを掛けて練習し、全てを掛けて戦ってくれた痛くともピッチに残ろうとした闘志、涙を流す程悔しくて立ち去る姿。国籍とか小さな事ではなく一つの目標に向かって皆が全てを掛けられる素晴らしいスポーツだと感動した。具選手ありがとう!」、「スポーツに国境は無いし、中学生の頃から日本に来てたら、どちらの国の問題点も理解して、大変苦労して来られたと推察します。不屈の精神力でプレーしてくださる姿を見て、感動しました」などのメッセージが寄せられた。

 

 日韓関係が悪化の一途をたどるが、具は国籍で人を判断してはいけない象徴的な存在と言えるだろう。「正直、韓国も韓国人も好きではなかったし批判的な思いしかなかった。しかし、具選手を知ってそんな自分がいかにちっぽけで偏った考えしか持てない人間かということを思い知らされた。韓国人という立場から多少なりともやりにくかったであろう日本でここまで日の丸を背負って頑張ってくれたことに、なんというか…感謝の思いでいっぱいだ。具選手のあの最高の笑顔は、皆を明るく幸せな気持ちにしてくれる活力になると思う」、「実際にはぐーくんみたいな韓国人も沢山いるんだと思います。過去の歴史問題はいろいろありますが、なんだかんだ隣国同士なので日韓関係が良好になる日が来ることを望みます」など両国の親善を願う意見も少なくなかった。

f:id:imp0201:20191104191236j:plain

 ただ、母国・韓国のメディアでは具の活躍がほとんど報じられていないのが現状だ。「こんなに頑張っている選手がいるのに、祖国では報道もされないんだよな。分かりきってはいるが、どうかしてんな。とは思ってしまう。いつか、自分の国で必要とされ、尊敬される人になれると良いな。これからの更なる活躍を期待してるよ」、「日本代表として、活躍していただきありがとうございます。まだ当分日本のためによろしく願いします。将来代表を退いた日には、韓国の政界出来たら大統領になって、日本との関係を回復してください」など訴える声があった。まだ現実的な話ではないが、具が韓国の大統領になったら日韓関係は劇的に変わるかもしれない。