【スポンサーリンク】

GSOMIAがあす通告期限 韓国の「ある動き」に警戒の声が

 24日に再び破棄の通告期限を迎えるGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)このまま維持される見込みであることが大きな反響を呼んでいる。

 

 昨年8月に韓国がGSOMIAの破棄を通告したが、米国の強い反発もあり、失効直前の11月に破棄通告の効力を停止すると宣言。協定が維持されました。韓国は「通告の効力を一時停止しただけで期限と関係なくいつでも破棄できる」と主張しているが、破棄を強行すれば再び米国の強い反発が予想されることから、今年も協定は維持されることになりそうだ。

 

 ネット上では「アイツらは目先の利益の為だったら普通はやらない予想の斜め上の事を平気でやるから最後の最後まで警戒は解いちゃいかんぞ」と言う書き込みや、「安保を外交カードに使いような信用できない国とGSOMIAを維持する必要は無いと思う。何か上から目線で韓国だけが破棄できるように馬鹿な文在寅は理解しているんだろう。一層の事、日本から破棄して文在寅の面子を潰す方がいいと思う」という主張が見られた。一方で、「韓国との情報共有より情報漏洩の方が心配だ、米日韓の信頼構築の上では必要でしょうが何でも切り札に出す韓国なら破棄も惜しまない、日米との情報共有で事足りるはずだが今の日本は沈黙に徹するのが1番」という意見が。

f:id:imp0201:20200819200257j:plain

 また、「GSOMIAが破棄されなくても有事の際には機能しない可能性が高いので、日本はこれがないものという前提で国防に当たるべきだと思います。仮に日本に核ミサイルを撃ち込まれて日本人が死んだとしても、韓国が裏切ったからだと騒ぐ様なミットモナイ事は誰も認めないと思う。なぜなら、いざ有事の時、韓国は約束を守るわけがない事を日本人は知ってるんだから。なので、有事の時の対応マニュアルは韓国が裏切る事を前提に作成すべきです!」という指摘も見られた。