【スポンサーリンク】

政府がパチンコ店に強い措置検討で、来店客の「ある反応」に怒りの声が

 西村経済再生相は21日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言発令後も休業要請に応じないパチンコ店などに、店名の公表を伴う休業要請や休業指示など「さらに強い措置」を検討していることを明らかにした。

 

 都道府県の中には、知事がパチンコ店などの事業者に休業への協力を求めているところがあるが強制力はないため、一部のパチンコ店は現在も営業を続けている。西村氏によると、こうしたパチンコ店などに「県域をまたがって人が集まってくるケースもある」ため、複数の知事から要請の強化について相談を受けているという。

f:id:imp0201:20200421203112j:plain

 ネット上では、「僕もパチスロ好きなんですが、今このご時世、どんな理由があれ営業してる店には元通りに戻っても絶対に行きません!そもそも今は回収目的で開けてるのに勝てる確率はかなり少ない」、「都内住みでパチンコ好きだけどもちろん行っていません。ただ僕の友達は越境して行っています。今回の政府の措置に『パチンコできなくなるの?』と言っていました」などパチンコが好きなユーザーからの書き込みが。「越境してまでパチンコに行って、もうできないの?とか言っているのを見たのですが論外ですね。こういう無神経な人がいるから政府は強制的にパチンコ店を休業にしてほしい。どれだけ人に迷惑をかけているか客も店も分かっていない。ふざけるなと思います」と怒りのコメントも見られた。