【スポンサーリンク】

GSOMIA 通告期限で韓国の「ある動き」に、日本で落胆の声が

 日韓の軍事機密協定GSOMIAは24日に破棄する場合の通告期限を迎えたが、韓国側からの申し出はなかったため、協定は当面維持される見通しとなった。

 

 GSOMIAは1年ごとに自動延長される協定で破棄する場合は24日までに通告することになっていた。韓国政府は昨年8月、日本の輸出管理強化に対抗してGSOMIAの破棄を通告したものの、11月の失効直前に通告の効力を停止している。今回は事前に破棄通告がなかったが、韓国外務省は「いつでも終了できる」として期限にはとらわれない構えを崩していない。今後も日本をけん制しつつ輸出管理の強化措置の撤回を引き続き求めていくものとみられる。

 

 ネット上では、「元々情報を共有するほどの価値などない国。一方的に日米の情報をもらって、見返りに北朝鮮筋の情報を提供していたが、近年では情報量も精度も低下している。破棄したいのならそうしてもらった方がすっきりする」、「全く実効性の無い対日措置。さらに米国にも不信感しか与えない。日本としては、むしろGSOMIA破棄してもらった方が幸福ですけど」などのコメントが。

f:id:imp0201:20200819200257j:plain

 また、「安全を保証してもらっている側が協定を交渉カードに使うなどきいたことがない。協定が継続されたところで、だれも韓国を信用しなくなったので、協定の意味が完全に失われた。今後、軍事機密が韓国に流れることはないし、真の意味で安全は保証されることがない」という意見も見られた。