【スポンサーリンク】

コロナ感染の「あるタレント」が明かした病院での出来事に、大きな反響が

 新型コロナウイルスに感染したタレントのゴリけんが自身のツイッターで病状を報告。回復に向かっている中、医療スタッフに激励の言葉を掛けられたことを明かし、大きな反響を呼んでいる。

 

 ゴリけんは、「入院して一週間が経過しました。当初は食事が喉に通らず点滴を打っていたのですが、今は三食きっちり食べられるようになり、入院してからずっと続いていた発熱も、昨日初めて36度台になりました」と体調が回復していることを報告。「そして何より、病院のスタッフの皆さまがご自身も大変な中、とても前向きに、気持ちで負けるな!と励ましてくださっていて、涙が出る思いです。現在も軽度の肺炎ではありますが、その後も咳などの症状はなく、スタッフさんや皆さんの励ましもあって体調は落ち着いています。今後この調子で回復に向かえば、軽症者としてホテルもしくは診療所に移動しての治療になる予定とのことです」と医療スタッフに感謝の意を示した。そして、「新型コロナウイルス、本当にやっかいなウイルスです。重症者の方がまだまだたくさんいらっしゃいます。僕も早く完治できるように、今後もお医者さまのご指示に従って全力で療養に努めてまいります。皆様、どうか感染されない様にご自愛ください」と病床から呼びかけた。

f:id:imp0201:20200324173916j:plain

 ネット上では、「『気持ちで負けるな!』こんな励ましをくれて懸命に治療にあたってくださってる医療関係の方々に嫌がらせや差別するなんてあってはならない。自分たちも疲れて大変で感染の危険もあるのにホントに感謝しかないです。涙でました!」、「医療スタッフの方々の頑張りに頭が下がる思いです。気持ちで負けるな!心にしみます。医療関係者が救われるような世の中にしてほしい。だらしない政治家の皆さん、少しはいいところを見せてください」などの反響が。また、「医療従事者の方々に本当に、本当にありがとうと伝えたい。どうにかして伝える手段はないのかな‥。各自治体ごとに時間を決めて拍手でもいい。そんなことが少しでも医療を支えてる方々の救いになれば‥。感染しないように気を付けること以外にこんなことしか思い浮かばないけど‥。逃げずにコロナと戦ってくれている方々に、最大のありがとうと伝える手段はないのかな‥」という書き込みも見られた。