【スポンサーリンク】

12歳女児に4年前から性的暴行の男を逮捕 男の知り合いの母親責任問う声も

 福岡市中央区の会社経営・金子司容疑者(35)が12歳の女の子に性的な暴行を加えたとして強制性交などの疑いで17日に再逮捕された。


 メディア報道などによると、金子容疑者は6月に自宅で女の子に性的な暴行を加えたという。金子容疑者は女の子の母親と交流があり、互いの自宅を行き来していた。4年前にも当時8歳だった同じ女の子にわいせつな行為をしようとしたとして6月に逮捕され、今月17日起訴されている。余罪を取り調べる中で今回の犯行が発覚した。母親は金子容疑者の犯行に気づかなかったという。

f:id:imp0201:20190616214354j:plain

 ネット上では、金子容疑者への厳罰を望むと共に、被害に遭った女の子の母親の責任を問う声も。「4年前から自分の娘が被害に遭っているのに、自宅にこの男を招き入れた母親も同罪だと思う。気づかなかったじゃすまされない。一生心に残る傷を負ったのだから」、「12歳だの8歳だの理解に苦しむ。被害者少女の母親にも、きちんと話を聞くべき」など批判的な声が多い。女の子も母親の知人に性犯罪に遭ったことをなかなか言い出せなかったのかもしれない。一番近くで接する立場で娘の異変に感じなかった母親のショックも大きいだろう。