【スポンサーリンク】

高1女子生徒殺害から6年…加害者の元少女の「近況」に大きな反響が

 長崎県佐世保市の高1女子生徒殺害事件から26日で6年となるのを前に、少年院送致された加害者の元少女(21)の付添人を務めた弁護団が、元少女の近況を書面で明らかにしたことを読売新聞が報じた。

 

 弁護団によると、元少女は現在も更生プログラムを受け、弁護士と手紙のやりとりや3か月に1回程度の面会を続けている。今年も命日を前にし、自身の心情などをつづった遺族への謝罪文を書いた。弁護団の書面には「年を経るほどに思い悩むことも増え、罪を背負っていくことの厳しさ、負うべき責任などを感じるようになっている」と綴られているという。

 

 長崎家裁の決定によると、元少女は14年7月26日夜、一人暮らしをしていたマンションの自室で、同級生の女子生徒(当時15歳)を殺害するなどした。家裁は15年7月に第3種少年院(旧医療少年院)送致とする保護処分を決定した。

f:id:imp0201:20200518183439j:plain

 ネット上では、「それが積年の恨み辛みならまだしも『人の中が見てみたかった、解体してみたかった』という理由や目的で最終的に殺害という方法を取った人物が、更生なんて出来るわけがない」、「表面上の更正はあるかもしれないがなにか精神疾患は抱えていると思う闇は闇だな」など弁護団の見方に疑問を抱くコメントが目立った。