【スポンサーリンク】

海外では危険 オーケーサイン、裏ピースが激怒される国とは  

 日本で何気なく使っている仕草やジェスチャーが海外では不遜な態度や不快感を与える行為になることが珍しくない。特に写真撮影などでは無意識に使っている場合が多いので気を付けた方が良いだろう。

 

・裏ピース

 日本では若者を中心に写真撮影で裏返ししたピースサインを使うが、一部の海外では危険なハンドサインだ。イギリスでは挑発サインと認識されている。これはフランスと戦時の際に捕まった捕虜たちがフランスに対して屈しないというサインで裏ピースを使っていたからだという。歴史的背景から侮辱的な意味が込められている。同様にオーストラリア、ニュージーランドでも侮辱的なサインとして受け止められており、絶対に見せてはいけない。また、ギリシャでも犯罪者に対して2本指で物を投げつけていたことから、犯罪者を象徴するジェスチャーとして敬遠されている。

 

・親指を立てる

日本は「良いね!」、アメリカでは「GOOD!」という意味で相手から好意的に受け止められるが、中東では侮辱と受け止められるケースが多い。特にイランでは最大の侮辱的行為とされてトラブルになることも。エジプトでも同様に、親指を立てる行為は下品で相手に敵意を表す行為とみなされる。ギリシャ、トルコ、ネパールでも侮辱的なポーズとして相手が不快感を示すので使わない方が良い。

 

f:id:imp0201:20190330211625j:plain

 

・オーケーサイン

親指と人差し指で丸を作るオーケーサインも海外の国で使う際は気を付けた方が良い。フランスではこのポーズが「お前の価値はゼロで役立たず」という意味に。ブラジル、ベネズエラでは「お尻の穴」を性的な侮辱を意味するサインとして受け止められる。トルコでも「ろくでなし」を意味するジェスチャーになるため注意した方が良い。

 

・顔の前で手を振る

日本では顔の前で手を振る仕草が、「違います、結構です」と断る意思を伝えるジェスチャーとして使われる。だが、イタリアでは「おまえの頭は大丈夫?」と相手を馬鹿にした態度になるので使ってはいけない。