【スポンサーリンク】

韓国で抗議殺到のドイツCMは日本がモデル?

 ドイツのホームセンター「ホルンバッハ」が放映したCMが大きな反響を呼んでいる。庭仕事をしている白人男性らが汗まみれの衣類を脱ぎ捨てて箱の中に投げ捨てると、白衣を着た人が回収してパッキング。もやのかかった薄暗い都市に画面が切り替わると、アジア系の女性が自動販売機でその衣類を購入。臭いをかぐとうっとりした表情を浮かべ、「春の香り」という字幕が表示されるという内容だ。 

 

 このCMに韓国の首都・ソウルでは、「アジア人女性に対する人種差別で断じて許せない」とホルンバッハに対して公的な謝罪とCMの取り下げを求める署名運動が行われた。ホルンバッハ側は公式ツイッターで、このCMは人種差別の意図はなく、「都会では生活の質が低下している」ことを示しているのだと反論。アジア人女性が登場した都市は架空の場所であると主張した。

 

 ところが、同企業の主張を覆す事実が。CMを見ると自動販売機に「春の匂い」と日本語で表記されているのだ。ツイッターでこの映像付きの書き込みが配信されると、日本でもSNS上で怒りの声が殺到した。「韓国が怒っているけど、日本人を馬鹿にしたCMじゃないか。国際問題だよ。このまま終わらせてはいけない。正式に謝罪を求めるべき」、「これ、日本のブルセラショップを面白がったパロディーだね。日本で昔、男性が女子高生の下着を買うことをヨーロッパの人間が馬鹿にしていたのは有名な話。ホルンバッハの差別の意図がないの反論は無理がある。自動販売機に日本語の文字が入っているんだから」。また、ドイツに在住する日本人の間でも「ドイツは親日国だし、実際に暮らしていても優しくしてくれる。もちろん一部の差別主義者はいる。でも今回ホルンバッハみたいな良いイメージのある企業がこういうCMを流したのはショックです」と落胆の声が上がっている。

 

 ホルンバッハは人種差別の意図はないと主張するが、日本人差別、アジア人差別と強い反発の声は収まりそうにない。政府レベルの国際問題に発展する可能性もあり、今後の動向が注目される。 

f:id:imp0201:20190331105932j:plain