【スポンサーリンク】

ドイツの慰安婦少女像、撤去予定が「当面認める」に中国人から意外な反応が

 ドイツの首都・ベルリン市ミッテ区は13日、区内の公有地に設置されて一度は撤去を求めた従軍慰安婦の被害を象徴する少女像について、設置を「当面認める」と発表した。

 

 メディア報道によると、韓国系市民団体が撤去決定の効力停止をベルリンの裁判所に申請したことを受け、撤去期限を14日までとしていたが、新たな裁定を下した。同区は8日、設置の中心となった韓国系市民団体「コリア協議会」に像の撤去を求めると発表していたが、協議会が反発し、裁判所への申請と共に区にも異議を申し立てていた。

f:id:imp0201:20200929200958j:plain

 このニュースは中国でも話題になり、「ドイツは賢明な判断を下したと言える。日本が過去にやった愚行は許されるべきではないし、海外にも知らしめないといけない」、「撤去の判断を撤回して事に驚いた。日本の敗北だね。この裁定は国際影響が大きいと思う」などのコメントが。「一度決定した判断を覆すのはあり得ない。日本に同情する」という書き込みも見られた。