【スポンサーリンク】

ロッテ移籍決断した福田のコメントに、「誤解招く発言」と批判の声が

 ソフトバンクからFA宣言し、ロッテへの移籍を決めた福田秀平外野手のあるコメントが波紋を呼んでいる。ソフトバンクのオフィシャルレポーターの加藤和子さんが本人のメッセージ動画を公開した際に、福田が「また4年後、FA再取得した時にホークスに獲ってもらえるように」と誓ったことに、「ロッテにお世話になるんだから誤解を招く発言はしないほうがよい」と批判の声が上がった。

 

 悩みに悩みぬいた末の決断だった。宣言残留を認めているソフトバンクのほか、ロッテ、ヤクルト、西武、楽天、中日と5球団が名乗りを挙げた。26日にロッテ移籍を決断した福田は動画の中で、「13年間、みなさん温かいご声援、ありがとうございました。振り返ると本当に怪我が多かったんですけど、そのたびに色々な方から励ましの言葉を頂いたりとか、それをなんとかこういうFAを取ることもできましたし、周りに支えてもらったなと思います」と感謝を口にした。さらに、「監督、コーチはじめ、チームのスタッフのみなさんとかチームメートと離れるのは正直寂しいですけど、野球選手として、残り何年できるか分からない野球選手生活を悔いなく終わらせるために、ちょっと挑戦していきます」と誓った後に、「また4年後、FAを再取得した時にホークスに獲ってもらえるように今後より一層努力していきたいと思います。ファンの皆様、13年間、ありがとうございました」と語った。 

f:id:imp0201:20191127120129j:plain

 ネット上では、4年後のFAに言及した最後のコメントに疑問の書き込みが殺到。「4年後とってもらえるように、か。戻ってきて欲しいと言ってもらえるように成長するという決意かな?まぁそれにしてもせっかくロッテにお世話になるんだから誤解を招く発言はしないほうがよかったね」、「福田の野球人生で今が最大の『モテ期』だったのだろうが、これは誤解を招くよな。『じゃ、なんでFA行使したの?』と思うソフトバンクファンがいるだろうし、『腰掛かよ!』とこの発言に快く思わないロッテファンがいるかもしれない」など危惧する声が。周囲から愛される人柄の福田はソフトバンク、ロッテに感謝の意を込めての発言だったかもしれない。思わぬ形で誤解を招いてしまったが、新天地での活躍を祈るばかりだ。