会社内に複数の派閥が…複雑な人間関係に巻き込まれないためには

 企業、学校、サークルなどに派閥があり、そこでの人間関係で苦労した経験をもつ方も多いことでしょう。派閥やグループの人間関係に巻き込まれないためには、「徹底的に中立を保つ」ことです。以下に具体的に記しますので、参考にしていただければ幸いです。

 

あわせて読みたい→ 深瀬砂織連載第6回 挨拶しても無視する人がいる場合、どうしますか? - IMPRESSION

 

1. 悪口を言わない

 人をけなしたり悪口をいったりすることは避けましょう。

誰かと話している時に相手から「○○さんって態度悪いよね。そう思わない?」というように同意を求められた際に、つい「ええ、そうですね。」と返さないように注意してください。これは、あなたが言った悪口として広まってしまいます。誰かが同意を求めてきたり悪口を言ったりしたら、黙っているか、または「そうなんですかー」、「へー」、「ふーん」と肯定も否定もせずに流しましょう。そして、できる限り素早くその場を離れましょう。

 

2.誰に対しても同じ態度で接する

 どのグループの人に対しても同じ態度で接しましょう。挨拶、お礼、お詫び、仕事の報告など、分け隔てなく行います。これは派閥があろうとなかろうと大切なことですね。また、誰に対しても同じ態度で接する一貫した姿勢は信頼感の獲得につながります。

 

3.自分をしっかり保つ

 「私は私」、「昼食は一人で食べる」、「自分にとって一番大切なのは仕事の腕を磨くこと」など強い意思を持ち、それを行動で示すと、周囲の人は「あの人は一人でいるから(話に乗ってこない)」「あの人はマイペースだ」「周りの人のことはあまり気にしない人だ」と思うようになります。つまり、「派閥やグループとは別のところで生きている人」と認識されます。その結果、派閥やグループの人間関係に巻き込まれにくくなります。

 

すべての人と仲良くできればよいのでしょうが、現実にはそうならないことが多々あります。自分が何に価値を置くのかを常に見つめて、自分を保ちましょう。態度、振る舞いに一貫性がない人、不安を抱えている人は派閥に巻き込まれやすいものです。堂々と構えて徹底的に中立の立場を貫くことがポイントです。

 

f:id:imp0201:20190307162112j:plain

 [前回の連載] 深瀬砂織連載第23回 臨床心理士が助言 部下とのかかわり、仕事の進め方…女性管理職の悩み - IMPRESSION