【スポンサーリンク】

プロ野球選手初の新型コロナ感染 阪神・藤浪の「ある告白」に大きな反響が

 阪神・藤浪晋太郎が26日に大阪府内の病院でPCR検査を受け、新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが判明した。日本野球機構(NPB)の選手としては初めての感染者となる。

 

 メディア報道によると、藤浪は「ワインやコーヒーのにおいがしない」と数日前から嗅覚の異常を訴えていた。24日に兵庫県内の耳鼻咽喉科と内科の2つの病院で受診。25日朝も症状が改善せず、別の病院で再検査した。チームドクターと相談して26日にPCR検査を受け、深夜になって陽性反応が確認された。最近食事を共にして味覚の異変を訴えていた2選手も陽性反応が出た。藤浪は軽症のため入院せず、自宅で静養するとみられる。

 

 阪神球団はこの事態を受け、鳴尾浜球場で予定していたソフトバンクとの2軍練習試合を中止。球団事務所も午後から閉鎖し、選手、スタッフ、球団職員は1週間の自宅待機が決まった。来月24日に公式戦開幕を目指す球界全体にも大きな影響を及ぼす可能性がある

 

 新型コロナウイルスの感染が判明した藤浪についてネット上では、「本当によく報告してくれたと思う。自分が球界第一号になる恐怖よりも、蔓延しないことを優先してくれた。一気に藤浪が好きになったし、ぜひ回復に向かって欲しいと思う」、「藤浪君の冷静な対応(報告)は良かった。まだ周知されていない症状で異変を感じ、すぐに報告していたことは感心する。最初ということで報道されてしまうが、野球界にとって藤浪君の役割は重要。他の選手もより気を付け、異変にも敏感になるだろう」など藤浪の行動を称える書き込みが目立つ。

f:id:imp0201:20200327074036j:plain

 また、「熱が出てなくても、咳が出てなくても、味覚や臭覚に異常があればコロナの可能性があることを、藤浪選手のおかげで知ることが出来た人もいると思う。もう感染してしまうのはある程度仕方がない状態なのだから、なったときにどうするかも考えておかないといけないと感じた」、「匂いがしない、味がしないという症状のみで藤浪が検査を受けられたことは驚きだし、英断だったと思う。若者への啓蒙にもなったと思う」と藤浪が味覚や嗅覚の異常を訴えた発言が新型コロナウイルスへの理解を深めるという指摘も多かった。