【スポンサーリンク】

京アニ事件で被害者に「アホ」テロップ フジが経緯説明も、ある疑惑の声が

 フジテレビは4日、夕方のニュース情報番組「Live News it!」で、京都アニメーションの事件で犠牲になった武本康弘監督(47)の同級生の談話を伝えた際、画面上テロップで「あんなアホいない」というテロップを出したことが大きな反響を呼んでいる。

 

 目を疑うような光景だった。番組内で京都アニメーション事件の報道に入ると、画面右上に「『らき☆すた』監督の同級生も『あんなアホいない』追悼」との表示が出た。献花台を訪れる人が後を絶たなかった様子を伝え、インタビューに応じた武本監督の高校の同級生だった男性が、「天才だったからね、あんな天才いませんよ。絵見たら分かる、シナリオ見たら分かる」と語った。画面下には「あんな天才いませんよ」と談話が正しく表示されていたが、右上に「あんなアホいない」と訂正されないまま表示され続けていた。番組中盤で、奥寺健アナウンサーが「お詫びと訂正があります。京都アニメーションのニュースの中でサイドスーパー、字幕が誤っていました。正しくは『あんな天才はいない』でした。大変失礼致しました」と謝罪した。

 

 同局はこの不手際について、「武本監督の名誉を傷つける誤りで、ご遺族の皆様、取材に応じて下さった同級生の方を始め関係者の皆様に、多大なご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます」と謝罪。また、なぜこのようなテロップが出たかについて、担当者は「あんな天才いない」という文章で発注を用意していたが、生放送で作業に追われて字が乱雑だったことなども重なり、「アホ」と表記してしまったと説明した。


 ネット上では「御遺族や関係者の方々は訴えて当然です。どのような経緯であれ、謝罪して済むことではありません。これは裁判を起こすべきです」、「報道としてどうなのかきちんと考えてほしい。チェック体制の甘さが招いた結果。きちんと検証して謝罪すべきではないのかと思う。簡単に番組で謝罪してすむ問題ではない」と事の重大性を指摘する書き込みが多い。また、同局が行った経過説明についても、ある疑問の声が。

f:id:imp0201:20190805105522j:plain

 「どんなに字が乱雑でもアホと天才をどう間違えるの?理解に苦しみます。よくこんな説明で視聴者が納得すると思ったね」、「デリケートに扱わなくてはいけない事件に対して軽率だし、亡くなられた方に敬意がない。報道番組としてどうなのか 意図的にしたんじゃないか。真意を問いたい」、「何をどうやればこんな間違いになるんでしょう。字が汚くて間違えたとかいう話じゃなくて、テロップを作った人が故意にやったとしか思えないレベルのミス。チェック体制が甘すぎるのではないでしょうか。ご遺族や関係者の方々のことを思うと怒りしかないですね。本当に反省しているのなら、二度とこんなことが起こらないように、報道するということの意味をしっかりと考えて対策を考えてほしいです」など批判的な意見が多い。被害者の尊厳を傷つけることは許されないし、再発防止に全力を注がなければいけない。