【スポンサーリンク】

「用を足している女性を見たい」女子トイレ侵入で逮捕 男の職業に驚きの声が

 公園の女子トイレに侵入したとして、ケ崎市に住む消防士・江守大輔容疑者(25)が逮捕された事件が大きな反響を呼んでいる。

 

 各メディア報道によると、2日午前8時すぎ、神奈川県藤沢市片瀬海岸にある公園のトイレに入った女性から「盗撮している人がいる」と110番通報があった。男は逃げ出したが、通り掛かった男性が追い掛けて取り押さえ、建造物侵入の疑いで現行犯逮捕された。江守容疑者は警察の取り調べに、「女子トイレで用を足している女性を見たいと思った」と容疑を認めているという。

 

 ネット上では「職責をはたすために命をおとしている消防士の方々もいます。しょうもない事で消防士の価値を下げないでください。良い面も悪い面も採用の段階では、資質を見抜けないものでしょうか」、「最近、10代の女性に消防士がって、事件があったばかりで、不祥事があると消防全体に注意喚起や指導などしていると思うが…またかと、嫌な事件が続いて不快です」など消防士の性犯罪に怒りの声が。

f:id:imp0201:20200622071454j:plain

 また、「このような恥ずかしいことも、立派な犯罪だけど、普段の勤務から上司は異変等に気が付かなかったのかな?ストレス溜まる仕事だとは思うけど。管理職の上司は普段の勤務から目を配りましょう。コロナ関連で多忙な勤務をしている消防士ですが、不祥事が続いていて残念な気持ちです」という意見も見られた。