【スポンサーリンク】

10代女性にカラオケ店で性的暴行 逮捕された男4人の「職業」に驚きの声が

 酒に酔った女性に集団で性的な暴行をしたとして、埼玉県内の消防組合などに勤務する消防職員4人が準強制性交の疑いで逮捕された事件が大きな反響を呼んでいる。

 

 各メディア報道によると、埼玉県警大宮署に27日に逮捕されたのは、草加八潮消防組合職員の小竹貴也容疑者(23)、川越地区消防組合職員の加来祐幸容疑者(25)、同県戸田市消防本部職員の加藤駿容疑者(23)、さいたま市消防局職員の島村祐希容疑者(23)。4人は昨年11月2日未明、さいたま市大宮区のカラオケ店で、泥酔状態の県内の10代女性に性的な暴行をした疑い。女性は4人と面識がなかったという。

 

 ネット上では「国民の税金を用いて国民や国の安全を担う為の職で所得を得ているのに、その国民を害したのだから通常以上の刑罰を与えられて然りではないのですか。今一度、消防だけでなく公務員全体の刑罰を一段重くし意識を徹底させていただきたい」、「消防職員が?っていう事にも驚くけれど、誰も止める人がいないという事にも驚く。幼児から女性まで暴行事件が毎日の様に起こっているかと思うくらい記事をみる。職員はもう首ですね」など消防職員の卑劣な性犯罪に怒りの声が。

f:id:imp0201:20200530102751j:plain

 また、「名前が出た以上は懲戒免職でしょう。所属、名前を公表した消防本部はある意味評価すべきかもしれない。中には隠蔽をして無かった事にする消防本部も存在しているのがこの業界の事実でもある。私の所属する消防本部は自転車窃盗を犯した職員に対し、結果、証拠不十分ということで、処分を下さず、なに変わらず勤務をさせている」という書き込みも見られた。