【スポンサーリンク】

英国経済紙が報じた韓国の経済状況に、「これは本当なの?」と驚きの声が

 英国の経済紙フィナンシャル・タイムズが「韓国経済、50年で最悪の状況に超工面した」と報じたニュースが大きな反響を呼んでいる。

 

 同紙は、「米中貿易紛争に伴う輸出低迷と半導体不況などが重なり、「輸出韓国」が直撃を受けた結果、今年と来年の成長率が連続で2%台にとどまると予想される。関連統計を取り始めて以降初めてのことだ」と説明。「韓国銀行は11月29日、今年の経済成長率見通しを2.0%に下方修正した。今年1月時点の予想値(2.6%)を大幅に見直したものだ。韓銀は来年の成長率見通しも2.5%から2.3%に引き下げた。韓国が2年連続で2.5%以下の成長率を記録するのは韓銀の記録がある1954年以降で初めてだ」と危機的状況であることを報じた。

 

 また、「世界的な金融危機当時の2009年、韓国経済の成長率は0.8%に低下したが、翌年には6.8%の成長で急速に回復。通貨危機を経験した1998年にはマイナス5.5%まで落ち込んだ後、99年に11.3%、2000年に8.9%成長するなど、強い回復力を示した」と過去に幾度も逆境を乗り越えてきたが、今回は見通しが厳しいと分析。「輸出がGDP全体の45%、中国からの輸出が輸出全体の約4分の1をそれぞれ占め、対中輸出への依存度が高い韓国は、最近の米中貿易紛争による中国の成長鈍化の影響は避けられないとみられる。現在の韓国は、韓銀が過去最低水準の1.25%という政策金利を維持し、政府も金融危機以降で最も拡張的な財政政策を取って経済の防衛を図る厳しい状況にある」と綴った。

f:id:imp0201:20191126062556j:plain

 同紙の報道に、韓国のネット上では大きな反響が。「まさにその通り。今回ばかりはかなり厳しい状況であることは間違いない。なにより英国の新聞が伝えたということに大きな意味がある。世界的に見ても韓国の経済は厳しいと思われている」、「これは本当なの?韓国でもこの記事のような統計結果は出ているが、同時に楽観的な数字も並べているので危機感を持ちにくい」などの書き込みが見られた。韓国経済は苦境を脱するために、当面は厳しい状況が続きそうだ。