【スポンサーリンク】

致死率ほぼ100パーセント 国内14年ぶり発症の「ある病気」に衝撃の声が

 愛知県豊橋市は22日、フィリピンから来日した静岡市在住の人が狂犬病発症を確認したと発表した。来日前に同国で感染したとみられる。日本国内で人が狂犬病を発症したのは2006年以来14年ぶりで衝撃が広がっている。

 

 同市によると、この患者は今年2月、就労のためフィリピンから来日。昨年9月ごろにフィリピンで左足首を犬にかまれたが受診しておらず、この際に感染したとみられる。今月11日に足首に痛みを感じ、その後体の痛みや嘔吐に加え、水を怖がるなどの症状が出て18日に豊橋市内の医療機関に入院した。国立感染症研究所で検体を遺伝子検査した結果、22日に感染が確認された。現在も重症だという。

 

 狂犬病は犬などから感染し、通常は人から人へ感染することはないが致死率100パーセントと言われている。06年に横浜市と京都市の男性2人が、フィリピンで犬にかまれて感染し、帰国後に発症して死亡した。

f:id:imp0201:20200513141044j:plain

 ネット上では、「馴染みのない病気なので調べてみたら恐ろしいです。野生動物には近付かないように注意しなければ…」、「大きなニュースとして取り上げて欲しい致死率は発症してしまえばほぼ100%これほど怖い感染症は無い」など驚きのコメントが。また、「日本では半数以上の飼い主が予防接種に行かないとか。強制的に予防接種をしてくれ。罰則も作って厳しい対応が必要」という提案や、「ほぼ高確率で死亡に至る病。犬だけでなくタヌキや穴熊などもキャリアーのようだ。フィリピン等狂犬病発生国には狂犬病予防注射を義務化した方が良いかも。ひと月ほど間を明けて二度注射する。有効期間10年だから、比に限らず東南アジアやインドバングラへの出張が多い人は接種を進める。接種出来る場所は極めて限られているが。コロナなんか目じゃないよ、この病気にかかっちゃたら。空気感染症ではなさそうだけど、患者から噛みつかれたら移るらしい」と警鐘を鳴らす指摘が見られた。