【スポンサーリンク】

娘の下半身触った疑いで逮捕 父親の発言に「気持ち悪すぎる」と怒りの声が

 離婚した元妻の自宅で小学生の娘の下半身を触った疑いで、福岡県那珂川市の会社員の男(38)が監護者わいせつの疑いで逮捕された。

 メディア報道によると、8月に福岡市南区の離婚した元妻の自宅で、娘(10)の下半身を触った疑い。元妻が男のわいせつ行為を目撃。娘も触られたことを明かしたため、「別れた夫が性的ないたずらをしている」と警察に相談していた。男は娘の実父。昨年11月に離婚したが、娘と会うために元妻の自宅を度々訪れていたという。

f:id:imp0201:20190922170213j:plain

 男は警察の調べに対し「そのような事実はありません。おねしょをするのでお尻を拭く時、触っただけ」と容疑を否認しているという。ネット上では、「9歳の娘を持つ父親ですが、娘の尻を拭こうなんて微塵も思わない。頭おかしいね」、「お母さん良く気づきましたね。気持ち悪すぎる。娘さんも嫌な思いをしたでしょう。もう2度と会わせない方がいい」と怒りの声が。また、「女の子の心の傷が少しでも癒えますように。この先の人生、この事で女の子が苦しまずに生きていけるよう祈ります。この父親の罪は重罪だと思う」と被害に遭った娘の精神的ダメージを懸念する意見も見られた。