【スポンサーリンク】

小6息子を殺害した父親の判決に、「信じられない」と驚きの声が

 受験勉強をめぐり、当時小学6年の息子を殺害した罪に問われ、一審で懲役13年の実刑判決を受けた元トラック運転手の佐竹憲吾被告(51)の控訴審で、名古屋高裁は一審の判決を支持し、控訴を棄却した。

 

 佐竹被告は16年8月、名古屋市北区の自宅マンションで中学受験の勉強の指導をしていた当時小学6年生の長男・崚太くん(当時12歳)の胸を包丁で刺して殺害した罪に問われている。佐竹被告は一貫して殺意を否認。弁護側が殺人罪ではなく傷害致死罪の適用を求めていた。一審の名古屋地裁は「手に持っていた包丁が心臓まで一気に突き刺さった」などと殺意を認定。懲役13年の実刑判決を言い渡し、弁護側が控訴していた。

 

 27日の控訴審で名古屋高裁は「骨を切り込むほど深い刺し傷があり、強い力で刺したことは明らか」と佐竹被告の殺意を認め、一審の判決を支持し、控訴を棄却した。判決を受け、弁護側は上告する方針だという。

f:id:imp0201:20191108155123j:plain

 ネット上では、名古屋高裁が一審の判決を支持した懲役13年という刑期に疑問の声が。「信じられない。子供を殺してたったの13年。包丁でさしているのに殺意があるかないかなんてどうでもいい。未来ある子供を殺したという結果だけです。殺された方は何も話すことができないのに殺した方は状況や心理状態で罪が軽くなるなんておかしすぎる」、「骨を切り込む程の力で刺しといて殺意がない?頭おかしいんだろうな。亡くなられた男の子が可哀想でならない。よく我が子をそんな目に遭わせられるな。本当に酷い。これでもたった13年か。彼はこの先、何十年と人生があったのに」、「刑期が短すぎる。どういう判断でこうなるのか分からない。個人的には刑法の懲役は今の倍くらいが妥当と思う」など判決に批判の書き込みが目立った。