【スポンサーリンク】

長男殺害の元農水次官 懲役6年に「これで良かった」の理由とは

 東京都練馬区の自宅で6月、当時44歳の長男=当時を刺殺したとして殺人罪に問われた元農林水産事務次官熊沢英昭被告(76)の裁判員裁判で、東京地裁(中山大行裁判長)は16日、懲役6年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。

 

 検察側は公判で、長男と同居を再開した5月に暴行を受け、殺害を考えるようになったことを指摘し「強い殺意に基づいた悪質な犯行だ」とした。弁護側は、発達障害があった長男を献身的に長年支えてきたことなどを挙げ、執行猶予付きの判決を求めた。熊沢被告は起訴内容を認めていた。

 

 Yahoo!ジャパンのコメント欄には、「76歳の歳を考えたら、6年は長いなぁと思いました。息子見放す事なく彼なりに一生懸命面倒見て来たと思うし。お父さんが、殺さなきゃ、他人に被害者が出てた気もする」、「第一にこの方が再犯する可能性は0だろう。執行猶予がついても社会への害悪は全くないと言っていい。無罪ではないと思うが、もっと情状酌量が会ってよいと思うがね。言い方は悪いけど、人生も終盤だ。ご夫婦で静かに暮らさせてあげたいけどなぁ」、「日本の司法制度の闇が明らかになる1件だったと感じる。情状酌量の余地は十分あったと思う。自身の子を殺害するまでの背景も、明らかになっている分だけでも相当な理由。親として責任を取ったと十分理解できる」と執行猶予がつかなかった今回の判決に批判的な書き込みが多い。 

f:id:imp0201:20191216182420j:plain

 一方で、「個人的には実刑で良かったと思っている。執行猶予が出たら、もしかするとご本人は奥様を道連れに命を絶つ可能性もあった。刑務所という世間から隔絶された世界で、息子さんの冥福を祈りつつ、家で待つ奥様のためにも生きて欲しいと願う。その為の6年間は決して長くはないと思う」、「他者から見ても苦しい事件、事案だったが本人の為にもコレで良かったのだと思う。高齢模範も含め6年満期には成らないだろうし。一人にしていては危ない上に、そっと社会から隔離された空間で規則正しい生活のもと、心と頭の整理、自分と向き合う、殺してしまった事に向き合う時間や空間がご本人にも必要だと思う」と理解を示す声も。この事件の社会的影響は大きい。コメント欄は午後6時現在で5600件を超えるメッセージが書き込まれた。